2014年10月23日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「データは贈り物であり、贈り物は使うべきだ」と専門家プライバシーはいずれ無くなる――スマホで進む「パーソナル化」の光と影

コンシューマーの行動や興味関心といった情報をスマートデバイス経由で収集し、個人の購買意欲の向上に結び付けようとする動きがある。その光と闇を追った。

[Kristen Lee,TechTarget]
tt_tt_Personalization_01.jpg

 スマートデバイスから得たデータを基に、個人に特化した情報を提供するモバイルパーソナライゼーション。未来のモバイルパーソナライゼーションは、次に見るお勧めの映画や最寄りのピザ屋を提示するといった単純なものではなくなっている。特定の個人を対象としたアプリケーションには、多少の薄気味悪さを感じざるを得ない。

 モバイルパーソナライゼーションといえば、現在地に基づいてお勧めのレストランを紹介することと同義だった。レストランガイド「Zagat」の初期の頃がまさにそうだ。だが現状のモバイルパーソナライゼーションは、そのようなサービスにとどまらなくなっている。

 米技術団体Mass Technology Leadership Council(MassTLC)が米ボストンで2014年7月下旬に開催したイベント「2014 Mobile Summit」で、複数のモバイルアプリ専門家が参加したパネルディスカッションの様子から、モバイルパーソナライゼーションの現状を探る。

個人情報を利益に変える「パーソナライゼーション」

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

デジタル広告のフリークエンシー(表示回数)最適化、「何回見せるのが最も効果的か」が分かる
電通デジタルが、デジタル広告の最適なフリークエンシー(表示回数)を導き出すフレーム...

news026.jpg

債権回収にマーケティングオートメーション活用、イオングループ傘下のサービサーの取り組み
債権回収の場においても、チャネル横断やコミュニケーション最適化の視点はやはり重要だ...