2017年12月24日 05時00分 公開
特集/連載

置くだけで充電iPhone X対応の高速ワイヤレス充電器は使い物になる?

RAVPowerの高速ワイヤレス充電器はAppleとSamsungの最新スマートフォンでどこまで使えるのか、本稿で検証する。

[Ed Hardy,TechTarget]

関連キーワード

iPhone | スマートフォン


 Appleは、同社の「iPhone X」などのスマートフォンに電磁誘導式充電機能を搭載した。Samsung Electronics(以下、Samsung)はこの電磁誘導式充電機能を数年前から同社のハイエンド機種に装備している。当然、Samsungの「Galaxy S8」や「Galaxy Note8」もこの機能を搭載する。両社はQi(「チー」と発音)規格を採用しているため、RAVPowerの「RAVPower Fast Wireless Charger」は両社の製品で機能することになる。

 本稿では、iPhone Xを使ってこの充電器をテストし、その充電速度と全体パフォーマンスを紹介する。この49.99ドルの充電パッドがお買い得かどうか、本稿では、それを検証する。

構造とデザイン

 RAVPower Fast Wireless Chargerのデザインはシンプルで、スマートフォンを載せる円形のパッドから成る。必要なのは、電磁誘導互換の機器をこのパッドの上に置くことだけだ。

 その大きさは直径約9センチ、厚さは約1.5センチだ。これは競合他社の多くの充電器よりも小さく、机上に置いても邪魔にならない。

 カラーオプションはブラックしかない。外装全体はプラスチック製だが、外観の全体的な仕上がりは満足できるもので、パッド上にRAVPowerロゴがさりげなく刻まれている。この充電器をCEOのデスク上に置いても違和感はない。

 上部にはシリコン製のリングがあり、スマートフォンが滑り落ちないようになっている。多くのスマートフォンの表面は滑らかだが、このリングが十分な役割を果たす。ただ、シリコン素材は汚れを引き寄せてしまう。底面にあるゴム製の脚が充電パッド自体を滑りにくくしている。

 構造品質は素晴らしい。しっかりとした感触で、曲がったりゆがんだりしない。

 ワイヤレス充電器の側面にはLEDがあり、充電の状態を示す。このLEDは標準充電中はオレンジ、高速充電中は緑色に点滅する。充電器自体を電源につなぐとこのLEDが赤くなる。マニュアルには「異物が検出される」とLEDが赤く点滅すると記載されているが、本稿のテストでは確認できなかった。

USBケーブルと電源プラグ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...

news138.jpg

MAppsと野武士、オプトが共同で行動データ連携リサーチおよび改善サービスの試験提供を開始
マーケティングアプリケーションズと野武士、オプトは、Webサービスとスマートフォンアプ...

news093.jpg

ソネット・メディア・ネットワークスが「Logicad Video Ads」の提供を開始
ソネット・メディア・ネットワークスは、2017年1月17日、「Logicad Video Ads」の提供を...