2018年01月26日 08時00分 公開
特集/連載

他人のHDDにファイルを保存?ブロックチェーンによる分散型クラウドストレージの可能性

ブロックチェーンをDropboxやGoogleドライブのようなクラウドストレージに応用するサービスがある。ブロックチェーンを使ったストレージサービスは普及するだろうか。

[Antony Adshead,Computer Weekly]
Computer Weekly

 データストレージの基礎となる要素は多数あるが、中でも重要なのは“そこに格納するのは単一の信頼できるコピー、またはその一部である”という概念だ。これは、ファイルシステムなどのコンセプトにおいて守られてきた。例えばファイルの整合性を保証するため、ロッキングのメカニズムが採用されている。

Computer Weekly日本語版 1月24日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 1月24日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 ただ実際には、この概念はあまり徹底されていない。メールやインターネットなどによって、あるファイルの複数のバージョンが社内のストレージシステム全体に拡散しているのは周知の事実だ。

 とはいえ、金融取引や医療記録など、正式なバージョンの情報を1つしか持たないことが絶対に不可欠な状況もある。データのコピーを1つだけ保持することには、経済面からも正当な理由がある。同じファイルの複製を不必要に保持するよりも単純に安上がりだ。

 そこでブロックチェーンの話に入ろう。これは、自己検証が可能で改ざん防止機能(シャーディング、暗号化、分散)を備えたデータのチェーン(鎖)で、閲覧や共有ができる。共有の範囲は限定することも限定しないこともできる。この仕組みで真のバージョンを1つだけ保持し、その情報をユーザー全員に配布する。

 従って、提供されるストレージに対して要求される、重要な特質がある。ブロックチェーンの実体にはデータが格納されているが、小さなブロック以上にチェーンをつなぎ合わせるのは推奨されない。チェーン全体が扱いにくくなるからだ。

 つまり、ブロックチェーンはよく知られている通り単純なストレージではない。ところが最近、ストレージにブロックチェーンを適用する新興企業が何社か登場した。

 「Sia」と「Storj」は、顧客とは別の人物が所有するHDD上に配備された分散型クラウドストレージに、顧客がデータを格納できるようにするサービスで、格納するデータはブロックチェーンによって保護される。

 「ファーマー」には、自分のHDDの空き領域をこうしたサービスに提供する見返りがある。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

ログリーとビルコム、B2B企業向けコンテンツマーケティング支援事業を行う新会社設立へ
ログリーとビルコムは、共同出資により、新会社を設立することで合意した

news010.jpg

「Amazon Echo Spot」を差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...