2018年02月09日 05時00分 公開
特集/連載

これからのERP選びSAP、Oracle以外にもまだまだあるERP 8製品を比較 (2/2)

[Mary E. Shacklett,TechTarget]
前のページへ 1|2       

NetSuite ERP

 「NetSuite ERP」はOracleが提供するSaaS型ERPシステムだ。内部や外部のビジネスプロセスに対するグローバルなコンプライアンスをサポートし、複数の子会社や事業部門の管理に適している。受注管理、生産、サプライチェーン、倉庫管理とフルフィルメント、調達、人材管理のモジュールを提供する。

 財務管理と業務管理に強く、財務モジュールの機能では、多国籍環境で拠点ごとの通貨や言語、税金、法制度の違いに応じた調整が可能だ。ユーザーはこうした多様な財務報告を1つの企業財務諸表に統合することができる。

 NetSuite ERPでは、国際的な税制や支払いの幅広いオプションも管理でき、詳細な財務分析のために特定の子会社や事業部門の詳しい情報照会を提供する。

 北米、欧州、アジアの190種以上の通貨と19言語に対応する。顧客企業は大企業や中規模企業だ。

 NetSuite ERPは自動的にアップグレードされ、継続的に顧客に配布される。クラウドベースのため、価格はサブスクリプション制だ。料金は顧客企業ごとに個別に見積もられる。

Oracle PeopleSoft

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

大日本印刷とSMN、丸善ジュンク堂書店が保有する書誌データなどを活用した広告配信プラットフォームで協業
大日本印刷が、グループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの「本の通販...

news090.jpg

広告コミュニケーションを「ヒアリングファースト」で一方向から双方向へ
「Forbes 30 Under 30 Asia」に選出された気鋭の起業家の目に映る次世代の広告体験とはど...

news022.jpg

Webアナリティクス、日本の市場規模は米国の14%以下
他社はどのツールを導入しているのか。営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」...