2018年05月10日 11時00分 公開
特集/連載

NEWSアスカコーポレーション、AIを用いた医薬関連文書の翻訳サービスを開始

アスカコーポレーションは、医療関連文書の翻訳に人工知能(AI)を用いた新しい翻訳サービスを提供する。

[石川俊明,TechTargetジャパン]

関連キーワード

機械学習


 医療業界に特化した翻訳サービスを手掛けるアスカコーポレーションは2018年5月2日、新薬開発関連文書の翻訳に人工知能(AI)を用いた翻訳サービスの提供を開始した。治験依頼時に用いる「統一書式」をはじめとする医薬関連文書の翻訳に対して、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)と機械翻訳(MT)の2つのAI技術を活用する。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

オフライン広告の効果可視化とマーケターの働き方改革に向け、サイカとインテージが業務提携
サイカとインテージは業務提携を行い、オフライン広告の効果測定における汎用的な分析ソ...

news027.jpg

電通など3社、“人”基点でコンテンツマーケティングを高度化する「People Driven Content Marketing」を提供
電通と電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズの電通グループ3社は、“人”基点で...

news014.jpg

スマホサイトのユーザビリティ 業種別1位は通信、企業別では?――トライベック・ストラテジー調査
トライベック・ストラテジーとトライベック・ブランド戦略研究所は、「スマートフォンユ...