2018年05月19日 05時00分 公開
特集/連載

生産性、セキュリティ、運用性の視点で整理「Windows 10 April 2018 Update」の注目機能まとめ 「集中モード」とは? (1/2)

「Windows 10」の最新アップデートは、ITプロフェッショナルにとってもエンドユーザーにとっても役に立つ。例えばエンドユーザーには、仕事に打ち込みやすくする「集中モード」が便利だ。

[Eddie Lockhart,TechTarget]

関連キーワード

Microsoft Edge | Windows | Windows 10


画像

 春は生まれ変わりの季節だ。花が咲き、雪が解け、人々は屋外での活動を始める。Microsoftもこの精神にのっとり、「Windows 10」の最新アップデートをリリースした。このアップデートは、企業に生産性やセキュリティ、効率性をもたらす。

 Microsoftは「Windows 10 Fall Creators Update」に続く今回のアップデートを「Spring Creators Update」と名付けるだろうというのが、大方の予想だった。だがリリースが2018年春にずれ込んだWindows 10 Fall Creators Updateとの混同を避けるため、同社は「Windows 10 April 2018 Update」という名前を選んだ。

 ITプロフェッショナルには、屋外に出て春のうららかな日差しを楽しむ前に、新しい機能と、それらがエンドユーザーの生産性やプライバシーに及ぼす影響について理解しておくことをお勧めする。

エンドユーザーの生産性

 Microsoftは2017年に発表した「タイムライン」を、Windows 10 April 2018 Updateでついにリリースした。タイムラインでタブキーとWindowsキーを同時に押すと、最近使用したアプリケーションと、そのアプリケーション内で使用していた具体的なファイルを示すウィンドウが表示される。

 タイムラインは、デスクトップでの作業をモバイルデバイスで素早く再開できるようにする。ただしエンドユーザーは「Microsoftアカウント」にサインインしている必要がある。使用していたアプリケーションとファイルをタイムラインに追跡させない場合は「設定」の「プライバシー」セクション内にある「アクティビティの履歴」で無効にできる。

 MicrosoftはWindows 10 April 2018 Updateで「非通知モード」の名称を変更した。この機能は「集中モード」と呼ばれるようになる。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティングに関する調査を実施
電通デジタルが実施した「デジタルトランスフォーメーションとデジタルマーケティングの...

news048.jpg

Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活...

news035.jpg

スパイスボックスがAIを活用したフォロワー獲得サービス、ブランドと親和性の高いユーザーに「いいね!返し」
スパイスボックスは、AIスタートアップ企業AIQが蓄積するInstagram約700万アカウントのプ...