2018年05月21日 15時54分 公開
特集/連載

Newsソフォス 実際の詐欺を再現するフィッシング対策訓練ツール「Sophos Phish Threat」

ソフォスは、フィッシングメール対策訓練ツール「Sophos Phish Threat」を日本で提供開始した。フィッシングメールを模した訓練用メールを従業員に送ることで、一人一人の従業員のセキュリティ意識を啓発、可視化できる。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

 ソフォスは2018年5月16日、フィッシングメール対策訓練ツール「Sophos Phish Threat」をアップデートし、日本で提供開始した。本製品によって従業員のセキュリティ意識を啓発できる他、分析機能を使うことで、企業のリスクと従業員一人一人のセキュリティ意識を可視化できるという。

 日本未提供の旧バージョン(以下、Phish Threat 1.0)は英語版のみだったが、新バージョン(以下、Phish Threat 2.0)は日本語をはじめフランス語や韓国語など全9カ国語に対応し、ダッシュボードのデザインを刷新。セキュリティ対策訓練の機能も強化し、訓練をする際の利便性を向上させた。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...