2018年06月21日 05時00分 公開
特集/連載

AIのような新機能も大事だが……アプリケーションパフォーマンス監視(APM)の比較で着目すべき3つの機能 (1/2)

アプリケーションパフォーマンス監視(APM)市場で注目に値するベンダーを比較・評価する際、AI(人工知能)のような新しい機能だけでなく、監視、レポート、分析機能の点からも検討する必要がある。

[Zachary Flower,TechTarget]

 アプリケーションパフォーマンス監視(APM)の適切なベンダーを見つけるのは難しくなる可能性がある。ベンダーが提供する機能についての長いリストを考慮しながら比較対照すると、大変な労力がかかると感じるだろう。APMソフトウェアの場合はもっと簡単に比較できる。監視、レポート、分析という3つの主要機能を評価すればよい。

 本稿では以下の製品についても解説する。

  • Datadog
  • Nagios
  • Stackify
  • Sensu
  • Dynatrace
  • Pingdom
  • LogicMonitor
  • Splunk
  • Grafana
  • AppDynamics
  • New Relic

1.監視

 監視は、全ての単一APMプラットフォームの中核を成す機能なので、多くの形式で利用できる。ただし各プラットフォームがサポートする監視の種類は、それぞれ大きく異なる可能性があり、プラットフォームがターゲットとする市場にも左右される。

基本的なサーバ監視とメトリクス

 サーバはアプリケーション開発における数少ない普遍的要件の1つだ。そのためサーバ監視は全てのAPMプロバイダーにとって不可欠な機能になる。結果として、基本的なサーバ監視とメトリクスを用意していないAPMソフトウェアを見つけるのは容易ではない。この機能では特に、ベンダーによるサーバ監視の実装方法に特別な注意を払うことが重要になる。つまりデザインや使いやすさといった要素を考慮する。それにより、組織にどのような影響を及ぼす可能性があるかを判断する。

 「Datadog」のようなプラットフォームは非常に洗練されたUI(ユーザーインタフェース)を用意している。これはあらゆる規模のチームにうってつけだ。ただし、インフラの規模によってはコストが高くつく可能性がある。一方、「Nagios」のようなOSS(オープンソースソフトウェア)は構成可能かどうかに大きな重点を置く。また、そのセルフホスト型の性質のおかげで価格的にはずっと手頃になる。各プラットフォームの基本的なサーバ監視サービスの違いは微妙に見えるかもしれない。だが実のところ、チームが特定のプラットフォームを扱う方法にこうした細部が直接影響する。

リアルユーザーモニタリング

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

消費者の自由裁量所得と使途の状況――NTTコム オンライン調査
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションと立教大学経営学部 有馬賢治研究...

news013.jpg

B2Bマーケティングのラストワンマイル、今こそ再評価したい「電話」の価値
マーケティング全般におけるコールセンターシステムの役割を主軸に、ボイスコミュニケー...

news146.jpg

電通テック子会社の「情報銀行」サービスが始動
電通テック子会社のマイデータ・インテリジェンスは、生活者主導のパーソナルデータ管理...