2018年07月25日 05時00分 公開
特集/連載

生産性と品質向上を実現したIoT紙容器メーカーがIoT基盤「Predix」を採用、稼働率管理だけじゃない、もう一つの成果

世界大手の紙容器メーカーSig Combiblocは、GE Digitalの産業向けIoTプラットフォーム「Predix」を導入し、IoTセンサーを使用して生産性向上とコスト削減を目指すという。

[John Moore,TechTarget]

 デジタルトランスフォーメーションは飲料・食品業界でも導入が始まっている。

 飲料・食品用紙容器および充填機メーカーであるSig Combiblocグループ(以下、Sig)は、製造設備の稼働時間を最大化し、デジタルプラットフォームを構築するために、GE Digitalの産業向けIoTプラットフォーム「Predix」の導入を決定した。この初期導入は2018年7月を予定している。

 Sigは飲料・食品用の無菌紙容器を製造している。紙容器は折りたたんだ状態で顧客に納品する。Sigは飲料や食品を紙容器に充填する機器も製造販売しており、生産ラインの設置サービスも提供している。Sigのシステムは400社以上の顧客の世界各地の工場に採用されているという。これらの工場にある製造設備の監視には、GE DigitalのソフトウェアとIoTセンサーアレイを利用している。Sigは自社の紙容器製造工場にもこのソフトウェアの導入を検討している。

 Sigのデジタルトランスフォーメーション担当ディレクター、クリスチャン・アルト氏は、「GE Digitalのシステムは当社のデジタルトランスフォーメーションで重要な役割を果たし、基盤システムとなるだろう」と語る。

製造業におけるデジタルトランスフォーメーション: 稼働率の最適化

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...