2018年07月25日 05時00分 公開
特集/連載

生産性と品質向上を実現したIoT紙容器メーカーがIoT基盤「Predix」を採用、稼働率管理だけじゃない、もう一つの成果

世界大手の紙容器メーカーSig Combiblocは、GE Digitalの産業向けIoTプラットフォーム「Predix」を導入し、IoTセンサーを使用して生産性向上とコスト削減を目指すという。

[John Moore,TechTarget]

 デジタルトランスフォーメーションは飲料・食品業界でも導入が始まっている。

 飲料・食品用紙容器および充填機メーカーであるSig Combiblocグループ(以下、Sig)は、製造設備の稼働時間を最大化し、デジタルプラットフォームを構築するために、GE Digitalの産業向けIoTプラットフォーム「Predix」の導入を決定した。この初期導入は2018年7月を予定している。

 Sigは飲料・食品用の無菌紙容器を製造している。紙容器は折りたたんだ状態で顧客に納品する。Sigは飲料や食品を紙容器に充填する機器も製造販売しており、生産ラインの設置サービスも提供している。Sigのシステムは400社以上の顧客の世界各地の工場に採用されているという。これらの工場にある製造設備の監視には、GE DigitalのソフトウェアとIoTセンサーアレイを利用している。Sigは自社の紙容器製造工場にもこのソフトウェアの導入を検討している。

 Sigのデジタルトランスフォーメーション担当ディレクター、クリスチャン・アルト氏は、「GE Digitalのシステムは当社のデジタルトランスフォーメーションで重要な役割を果たし、基盤システムとなるだろう」と語る。

製造業におけるデジタルトランスフォーメーション: 稼働率の最適化

ITmedia マーケティング新着記事

news089.jpg

Fringe81田中 弦氏×ヘイ佐俣 奈緒子氏 強い組織はプロダクトマネジメント視点で作る
Web業界で注目される気鋭の起業家2人が、組織や働き方のこれからについて語り合った。

news020.jpg

無料のデジタルコンテンツが有料になったら中高生の8割は「他の無料コンテンツを探す」――MMD研究所調査
MMD研究所とテスティーは共同で、中高生のデジタルコンテンツの利用と消費に関する調査を...

news018.jpg

「辛ラーメン」は「カップヌードル」の2倍超、訪日中国人の食品認知率――ヴァリューズ調べ
ヴァリューズは「中国人の食品ブランド認知・購入状況調査」を実施しました。