2018年08月23日 08時00分 公開
特集/連載

各国で進む実証実験の現状2020年東京オリンピックとともに実現する5Gネットワーク

東京オリンピックでは、中継に5G技術が活用される見通しだ。並行して、各国の通信事業者はさまざまな取り組みを行い、5Gの実現に向けて歩み続けている。

[Aaron Tan,Computer Weekly]

 2020年東京オリンピックの聖火がともるころ、注目を浴びるのは選手たちだけではない。世界的なスポーツの祭典で展開される予定の新しい5Gネットワークも大いに注目されるだろう。

Computer Weekly日本語版 8月22日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 8月22日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 ビデオ電話からメディアによる大迫力のストリーミングまで、画期的な新しいアプリケーションが登場するたびにモバイル通信がアップグレードされてきた。今回の4Gから5Gへの移行は、既存アプリケーションのパフォーマンスを向上させるだけでなく、モノのインターネット(IoT)や仮想現実など、新たなテクノロジーへの道を開くだろう。

 「オリンピックの各競技会場に設置した高解像度機器を連動させて、競技をリアルタイムに見せる360度の8Kビデオストリームに期待してほしい」

 こう語るのは、Intelのシニアバイスプレジデント兼CSO(最高戦略責任者)アイチャ・エバンス氏。同氏は東京オリンピックで5G技術を提供するため、NTTドコモと協業している。

 「例えばサーフィンなら、観客は浜辺から眺めるのではなく選手と一緒に波に乗っている気分になれる。競技のファンは、仮想現実を自宅のテレビ、ヘッドセット、ワイヤレス機器などで利用して、選手の動きを捉えることができる。数GBの伝送速度で膨大な量のデータを配信できるよう変化した5Gネットワークで実行される」

 しかし、2016年に5Gの試験運用を開始したシンガポールの電気通信事業者StarHubのCIO(最高技術責任者)チョン・シュー・ロン氏は、5Gが真価を発揮する場所は企業だと主張する。

 5Gは最大20Gbpsのアクセス速度と1ミリ秒程度の超低レイテンシを実現するので、実業界にデジタル化と自動化の新たな波を起こす契機になるとチョン氏は説明する。

 緊急時の対応を例に考えよう。5Gを使えば、病院に急行中の救急隊は、待機中の医師に患者の情報を伝えることができる。一方、他の機関はリモートでヘリコプターを配置し、高解像度の映像をリアルタイムに送信することで、現場の状況を評価することができるようになる。

 通信事業者のEricssonは、中国で予測保守をサポートする5G対応の医療機器分野で製薬会社AstraZenecaと提携している。医療業界としての次のステップは、遠隔手術を実現して世界中の人々が最高の外科医の診療を受けられるようにすることだとEricssonのアジア太平洋地域CTO(最高技術責任者)のマグヌス・エバーブリング氏は話す。

5Gの可能性を引き出す

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。

news135.jpg

カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスが提携
カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスは提携し、テレビCMとデジ...

news121.jpg

IMJとブレインパッド、「Rtoaster」と「Salesforce Marketing Cloud」のデータ連携パッケージを共同開発
アイ・エム・ジェイとブレインパッドは「Rtoaster」と「Salesforce Marketing Cloud」の...