2018年09月07日 05時00分 公開
特集/連載

パフォーマンス向上のために機械学習をネットワーク分析に活用するとどうなる?

企業におけるネットワークのパフォーマンスへの期待とプレッシャーが高まっている。今こそIT担当者は機械学習を用いたネットワーク分析ツールに注目すべきだ。

[Amy Larsen DeCarlo,ITmedia]
ネットワーク分析ツール活用のニーズが高まる《クリックで拡大》

 現在の仮想化された企業ネットワークは、IT担当者に複雑な問題をもたらす。IT部門は環境の異種化が進む中での運用を求められている。IT環境にはクラウドベースのアプリケーションとオンプレミスのレガシーアプリケーションが混在するようになり、管理に骨が折れるようになった。その上、パフォーマンスへの期待はとてつもなく高い。こうしたことから、高度なネットワーク分析ツールへのニーズが明らかに高まっている。

 企業ネットワーク管理ツールは、急速に進化するインフラの管理に必ずしも追い付いていない。複数のベンダーを利用する分散型環境の隅々まで目を通せるようにすることも、難題の1つだ。複数のベンダーが用意する管理ツールをまとめただけでは、ネットワークアクティビティーを隅々まで見通すことはできない。

ネットワーク分析のメリット

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...