TechTargetジャパン

製品資料
ActiveReportsをVB6から.NETへ移行するときに役立つ資料
 MicrosoftのVisual Basicは、ほぼ20年にわたり機能拡張を続けてきたが、1998年にリリースされたVisual Basic 6.0(以降、VB6と表記)と、2002年に登場した .NET Frameworkを基盤とした新世代のVisual Basic(以降、VB.NETと表記)では、根本的なアーキテクチャの改変が...(2012/1/10 提供:グレープシティ株式会社)

技術文書
これで完璧、Microsoft Office 2013展開ガイドブック
 本ドキュメントは、IT管理者を対象に、Office 2013を展開する方法について詳しく説明したガイドブックだ。ボリュームライセンス認証から、クライアントPCへのセットアップ、他言語での展開方法まで手順とともに細かく解説する。解説には、ポイントをまとめた「メモ」や...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
なぜ、30年も使われ続けるのか!人気の開発用ソフトウェアでできることとは?
 30年変わらずに使われつづけるソフトウェアは珍しい。グラフィカルプログラミング構文を用いた「LabVIEW」 は、30 年にわたり、高度なテスト、計測、制御アプリケーションの開発用ソフトウェアとして、多くの技術者や研究者に使用されてきた。本資料では、グラフィカル...(2016/8/31 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

レポート
脆弱性トップ10──Webサーバで最も多く検出された脆弱性は?
 2014年、セキュリティ関連の最も大きな話題といえば「Heartbleed脆弱性」だろう。これは犯罪者が巧妙だったわけではなく、むしろ人間が作ったソフトウェアの固有の脆弱性だ。それはセキュリティの高度な実装と、より徹底したWebサイトのセキュリティや警戒の必要性を喚...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
「あれもこれも必要」なWebセキュリティ、脱アプライアンス化でコスト高を解消
 サイバー攻撃の手法は次々と生み出されているが、現時点においてもハッカーによる攻撃の圧倒的多数はWebを通じて行われている。その中でも防御が難しいといわれているのが、企業や公的機関のWebサイトを改ざんしてマルウェアを仕込む「水飲み場攻撃」だ。 これにより正...(2016/8/31 提供:ノックス株式会社)

製品資料
Webサービスの負荷テスト、自動化でコストと時間はどこまで削減できる?
 企業間決済や電子取引、オンラインバンキングなど、近年では多くのサービスやアプリケーションがWeb化されている。これらのWebサービス・Webアプリケーションの停止やパフォーマンスの悪化はユーザー満足度の低下を招き、ビジネス機会の損失や生産性の低下などの損害を...(2016/8/16 提供:GDEPソリューションズ株式会社)

レポート
ゼロデイ脆弱性トップ5──危険にさらされた期間とパッチ適用までの日数は?
 本書は、毎年発行されている脅威レポートの最新版『シマンテックウェブサイトセキュリティ脅威レポート 2015』だ。2014年に収集、分析されたサイバー攻撃、サイバー犯罪のデータに基づき、標的型攻撃、情報漏えいに関する最新動向を示している。特に以下の項目はランキ...(2016/3/22 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

事例
三菱重工業やOlympicのスマートデバイス活用を支える長期安定運用の仕組み
 タブレットやスマートフォンなどのスマートデバイスを活用してペーパーレス化や業務の見える化を目指す企業にとって、大きな課題は開発生産性とメンテナンス性だ。基幹系システムやクラウドとの連携、大量のデータ処理が必要となる場合もある。そうなればアプリケーショ...(2016/4/8 提供:株式会社オープンストリーム)

レポート
Windows 10に震えるベテランユーザーたち
 このところ、Windows UpdateからWindows10への移行を催促されているユーザーも多いと思う。前世代のWindows 8とは違って、Windows 10の評判は“それほど”悪くない。新しいOSが登場すると必ず現れるのが「新しいものを否定する自称ベテランユーザー」だ。Windows 10に対...(2016/4/7 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
Heartbleed脆弱性は発覚から4時間で悪用された?──2015年版最新脅威レポート
 インターネット上の脅威は変化を続けている。2014年は「攻撃が高速化する一方、防御が追い付いていない」傾向が見られた。例えば、Heartbleed脆弱性が明らかになってから、4時間以内に脆弱性を悪用する多数の攻撃が確認されている。また、「攻撃方法が効率化・高度化し...(2015/6/22 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
VB6から .NETへ“簡単に”移行する方法は無い
 MicrosoftのVisual Basicは、ほぼ20年にわたり機能拡張を続けてきたが、1998年にリリースされたVisual Basic 6.0(以降、VB6と表記)と、2002年に登場した .NET Frameworkを基盤とした新世代のVisual Basic(以降、VB.NETと表記)では、根本的なアーキテクチャの改変が...(2011/7/28 提供:グレープシティ株式会社)

レポート
1回のデータ侵害で平均218万件が流出──2014年版インターネットセキュリティ脅威レポート
 2013年のデータ侵害の総件数は253件、流出した個人情報の総件数は5億5200万件、1回のデータ侵害で流出した個人情報の平均件数は約218万件で前年比261%増──シマンテックが毎年発行している「インターネットセキュリティ脅威レポート」の2014年版によるものだ。標的型...(2015/2/27 提供:株式会社シマンテック)

講演資料
クラウド利用のコンタクトセンターで顧客対応が変わる
 コンタクトセンターは顧客と企業との接点として重要な役割を担うようになった現在、顧客とコールセンターをシームレスにつなぐ「クラウド型」のコンタクトセンターは、これまでとは違った顧客対応が可能になる。 本資料では、通信キャリアの強みを生かしたクラウド型コ...(2014/12/26 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

カタログ
貴重な事例を大公開!世界中の「画像処理システムとバーコードリーダ」の導入実績から選出した活用事例集。
2つの事例集をPDFファイル1本にてDL可能です。事例集1:自動車および関連産業における現場での38の活用事例世界各地の自動車メーカー、自動車部品メーカー、工作機械メーカーの工場で80万件以上という導入実績から選び出した事例集。パワートレイン、車体、シャーシ...(2014/11/4 提供:コグネックス株式会社)

技術文書
Office環境移行時に役立つOfficeテレメトリダッシュボード活用ガイド
 Officeテレメトリダッシュボードは、組織内で利用されているOfficeドキュメントやアドイン、Officeソリューションなどの利用頻度などのイベントを表示することができるExcel 2013ブック形式の互換性監視フレームワークだ。Officeテレメトリダッシュボードを活用すること...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
「クラウド上のOffice」でインストール時の管理負荷を軽減
 これまでOffice製品の展開には、Windowsインストーラ形式が使用され、インストールポイントの作成から展開するためのソフトウェア配信サーバの構築まで、IT管理者にはさまざまな事前準備の必要があった。また、既存のOfficeバージョンとの共存ができないことから、互換...(2014/11/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
ソーシャルメディアからも入り込むマルウェア、その対策は?
 Webは多くの組織にとって必要不可欠だが、そのために危険な環境になった――ガートナーのアナリストはそう述べる。 近年、サイバー攻撃はより巧妙になりつつある。これまではファイアウォールなど“高い壁”で守れただろう。その壁を超えるため、マルウェアはソーシャ...(2014/10/3 提供:マカフィー株式会社)

講演資料
バージョンアップ対応からの解放――ブラウザに依存しない“長寿命”Web基盤とは
 企業Webアプリケーションの運用・保守は、ブラウザのバージョンアップや脆弱性問題への対応などさまざまな課題を抱えている。Windows XPのサポート終了は記憶に新しいが、これに伴い、IE6およびIE7をサポートしないOSを使う必要に迫られ、IE6で動作させていたWebアプリ...(2014/8/20 提供:SCSK株式会社)

レポート
日本は世界でも上位のAPT標的国──最新脅威レポートでAPT攻撃の現状を知る
 特定のターゲットに対して持続的に攻撃・潜伏を行い、さまざまな手法を駆使して長期間に及ぶスパイ行為や妨害行為などを行う「APT(Advanced Persistent Threat)攻撃」の危険性が指摘されている。APT攻撃には多種多様な手法があり、発信元も世界のほぼ全ての国や地域で...(2014/6/19 提供:ファイア・アイ株式会社)

レポート
「標的型メール攻撃」は前年度比約2.5倍 2012年下半期セキュリティーリポート
 攻撃の複雑化が進む中で、従来行われてきた判別が容易な攻撃だけを防御する境界防御のアプローチでは、高度な攻撃に対応できなくなっている。そのような攻撃に対応するためには、セキュリティー境界を通過する膨大な通信の中から今まで「ノイズ」として扱っていた情報を...(2014/5/20 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
19の事例が示す実力! エレクトロニクス業界において「バーコードリーダや画像処理システム」が、どんな現場で、どう使われているのか?
世界中の大手エレクトロニクスメーカー、部品サプライヤ、装置や設備メーカーへの「バーコードリーダと画像処理システム」導入実績の中から、半導体、電子部品、 MEMS、PCB回路基板、部品実装、エアバッグセンサ、LEDバーなどの製造工程における様々な段階での検査・計測...(2014/5/15 提供:コグネックス株式会社)

製品資料
BCP対策に強み、Windows Server専用のプライベートクラウドソリューションを検証
 社内システムのプライベートクラウドへの移行を検討中の企業で、運用管理しているサーバはWindows Server中心、できるだけコストを抑えつつ、BCP対策にも取り組みたい。本資料は、上記内容に当てはまる企業に適したプライベートクラウドサービス基盤の詳細ガイドだ。 W...(2014/5/12 提供:株式会社ビットアイル)

事例
38の事例が示す実力! 自動車産業のさまざまな製造工程において「バーコードリーダや画像処理システム」が、どんな現場で、どう使われているのか?
 世界各地の自動車メーカー、自動車部品メーカー、工作機械メーカーの工場で80万件以上という導入実績から選び出した事例集。パワートレイン、車体、シャーシ、温度調節器、外装部品、内装部品、電装品や各種部品の製造工程で採用されている「バーコードリーダ」や「画像...(2014/4/8 提供:コグネックス株式会社)

製品資料
『開発と運用』双方の視点から提唱Webアプリケーション開発フレームワーク
爆発的な拡大を見せているクラウド&モバイル。データをいつでもどこでもどのデバイスでも持ち運ぶという概念がWebアプリケーション開発のあり方に対して大きな影響を与えている。本資料ではこうしたIT環境を踏まえ「Webアプリケーション開発者の視点」と「Webアプリケー...(2014/2/25 提供:グレープシティ株式会社)

製品資料
マカフィーのWebプロキシが世界で選ばれる3つの理由
 マカフィーのセキュアWebプロキシ「McAfee Web Gateway」は、Webフィルタリング、ウイルス/スパイウェア対策などの機能を統合したアプライアンスサーバとして高い評価を得ているが、同製品がエンタープライズ市場で選ばれる理由は3つある。 1つは、Webプロキシとして...(2013/12/27 提供:ソフトバンク・テクノロジー株式会社)

製品資料
標的型サイバー攻撃対策1 C&Cサーバとの通信に着目した出口対策──Webゲートウェイで何ができるか?
 標的型サイバー攻撃は、標的に合わせて「カスタマイズされた」攻撃を行うことから、入口での対策が困難だといわれてきた。そこで注目されたのが、侵入を前提とした上で、情報漏えいなどの攻撃者の最終目的を果たさせないための対策、「出口対策」だ。 不正プログラム...(2013/12/6 提供:トレンドマイクロ株式会社)

製品資料
Windows Server 専用プライベートクラウド ビットアイルクラウド Wシリーズ
 「ビットアイルクラウド プラットフォームサーバ Wシリーズ」は、Windows Server 2012 Hyper-VとSystem Center 2012 SP1から構成されており、Windows Server環境で構築されたシステムを多く稼働・運用中で、高度な仮想化・クラウド化に取り組む企業様に対して、大幅な運...(2013/11/21 提供:株式会社ビットアイル)

技術文書
デスクトップ仮想化製品を392項目で徹底比較 - VDI Smackdown! 2013年版
 デスクトップ仮想化ソリューションのニーズの高まりと共に、中立的な評価情報に対するニーズが増大している。本書は、オランダのPQR社が主要VDIベンダーの製品を中立的な立場で徹底比較した技術比較資料「VDI Smackdown」の日本語翻訳版である。VMware ViewやCitrix Xen...(2013/10/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
SharePointの情報漏えい対策はAD RMSだけではない 〜東京メトロの100万ファイルの守り方〜
 Microsoft SharePoint(R)を情報共有基盤として導入している企業が、日本国内でも急増している。また、利用範囲も1拠点内から、拠点間や企業間、グローバル環境での利用へとシフトしつつある。そのような状況の中で、実際の業務で利用する重要なファイルを共有するとなる...(2013/7/9 提供:株式会社オーシャンブリッジ)

技術文書
Office 2010導入完全ガイド
 「Microsoft Office 2010」を組織内で利用する際には、以前のバージョンとの混在期間におけるファイルの互換性や進化したセキュリティなどの新機能をはじめ、あらかじめ考慮すべき事項が幾つかある。Office文書は業務現場で頻繁に利用されるため、IT部門としては業務現...(2012/11/19 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Loading