2006年09月26日 13時45分 公開
特集/連載

検疫ネットワーク再入門【第3回】検疫ネットワークの実際:アスキーソリューションズ編

アスキーソリューションズでは、ハードウェアアプライアンスという形で検疫ネットワーク製品「iBricks」を発売している。PCと同じように企業内のネットワークに組み込むだけで、セグメント単位で検疫ネットワークを実現できる。

[TechTarget]

 検疫ネットワークと名の付く製品やサービスは、多くのメーカーから提供されている。「検疫」「隔離」「治療」といった基本的なプロセスは同じだが、その内容や構成は、ソフトウェアで提供されているものもあれば、ハードウェアで提供されているものもあるなどさまざまだ。そこで今回は、実際に提供されている製品やサービスについて、メーカーに直接話を聞いてみた。

 今回は、アスキーソリューションズの「iBricks」。ハードウェアアプライアンスである本製品は、MicroPCの筐体の中に検出、遮断、検疫の機能を装備している。企業ネットワークに組み込むだけで検疫ネットワークを構築できるため、導入の手間やコストを大幅に省くことができる。また、セグメント単位で導入できるため、小規模から大規模まで幅広い企業に対応する。

 ここでは本製品を開発した背景や製品の概要、実際に企業が導入する際のメリットなどを解説していく。

ハードウェアアプライアンスによる検疫ネットワーク

 アスキーソリューションズでは、2006年4月27日より検疫ネットワーク製品「iBricks」を発売している。同社では、セキュリティ、eビジネス、ビジネスツールのパッケージソフトの販売が大きな柱となっており、セキュリティ分野へ特に力を入れている。取り扱い製品はフィルタリングソフトをはじめ、多くの製品を販売しているが、ここ最近ではメールアプライアンスサーバなど、ハードウェアアプライアンス製品も扱っている。

「iBricks」は、富士通SSLと共同開発した検疫用ソフトを、アスキーソリューションズがハードウェアアプライアンス製品に仕上げたものだ。ハードウェアアプライアンスというスタイルを選んだのは、導入や管理コストを削減できるためだという。大規模なソリューションでは検疫サーバなどを導入する必要があり、企業のネットワーク全体を見直すことになりかねない。また、サーバに導入するタイプの検疫ソフトでは、インストールの手間やハードウェアスペックの統一、機器の相性問題などがあり、管理者のストレスになってしまう。

iBricksの正面

 しかし、アプライアンス製品であれば、製品をネットワークに組み込むだけで使用できる。「iBricks」は1台で252台までのPCを管理可能なため、導入企業はセグメント単位で手軽に検疫ネットワークを構築できる。また、ネットワークへの接続はLANインタフェースを採用しているため、PCと同じ感覚で行える。接続方法には、L3スイッチとL2スイッチの間に「iBricks」を組み込む「シリアル接続」と、L2スイッチ以下のPCと同じ階層に組み込む「パラレル接続」が用意されている。どちらもセグメント単位での導入が可能だが、管理するPCの台数が非常に多い場合は、パラレル接続にすることでトラフィックへの影響を解消できる。

photo
photo

 検疫方法には、PCにエージェントをインストールする方法と、エージェントをインストールせずにActiveXで検疫する方法、双方とも使用しない遮断のみの方法がある。「iBricks」内にはWebサーバ機能もあるので、ここからエージェントをダウンロードしてネットワーク内のPCにインストールできる。遮断のみでは、「iBricks」が設置されているネットワーク内に新たなPCが接続された場合に、そのPCのセキュリティ状況をチェックし、あらかじめ設定されたセキュリティポリシーに合致していないときには接続を遮断できる。また、Winnyなどの「禁止ソフト」が起動した場合、その時点で接続を遮断することも可能だ。ソフトの起動はWindowsの「サービス」で検出するため、禁止ソフトを自由に設定できる。外部から接続されるPCだけでなく、セグメント内にあるすべてのPCのソフトウェア起動を監視できることも特徴となっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

LINE広告ネットワークで「動画リワード広告」の提供を開始
新たな広告収益源の創出に加え、インセンティブ付与によるアプリ内の活性化も促進。

news102.jpg

福田康隆氏がアドビ退社後初めて語ったB2Bマーケティング&セールスと自身の「これから」の話
アドビ システムズ専務執行役員の座を退いた福田康隆氏が新天地ジャパン・クラウドで再始...

news084.jpg

「応援消費」についてジャパンネット銀行が調査 共感できるものにお金を使いたい人が6割
人や企業、地域などを応援する目的の「応援消費」に関する調査です。