「標的型攻撃」の事例、比較、解説記事を総まとめ

ユーザー企業のIT担当者を対象に、IT製品/サービスの導入・購買に役立つ情報を提供する無料の会員制メディア「TechTargetジャパン」。このコンテンツでは、標的型攻撃に関する事例、比較、解説の記事を紹介します。製品/サービス選定の参考にご覧ください(リンク先のページはPR記事を含みます)。

標的型攻撃関連の解説

犯罪者集団RansomHouseの攻撃は何が“倫理的”なのか

世界各国で攻撃を実行するサイバー犯罪グループの「RansomHouse」。一部の専門家は、RansomHouseの攻撃活動について「倫理的だ」と評価する。その真意とは。

(2022/8/10)

バンダイナムコも被害か ランサムウェア集団BlackCatの「四重恐喝」攻撃とは?

バンダイナムコエンターテインメントは、2022年7月にサイバー攻撃を受けた。ランサムウェア攻撃集団「BlackCat」によるものとみられる。BlackCatとは、どのような集団なのか。

(2022/8/9)

今どき10代のクールな遊びは「サイバー犯罪」? 深刻化する若年攻撃者の実態

Avast Softwareはマルウェアを開発している11歳〜18歳の未成年者のコミュニティーを発見した。未成年者がサイバー犯罪に手を染めるのは、なぜなのか。

(2022/7/28)

侵害されたサーバの分析で判明した攻撃者の「残念な行動」

侵入に成功したサーバで攻撃者がすることを知ることは、セキュリティ対策にとって重要だ。Sophosの分析によって、攻撃者の侵入方法や手口が明らかになった。

(2022/6/1)

注目の解説記事一覧へ

標的型攻撃関連の事例

P R「サイバーセキュリティ対策への関心度」に関するアンケート

簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。

(2022/8/10)

P R「EDR」に関するアンケート

簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(5000円分)をプレゼント。

(2022/4/7)

P R「botとの戦い」の舞台裏 最前線のエンジニアに聞いた業種別の攻撃と対策

新型コロナウイルス感染症の影響で経済活動がオンラインにシフトし、botによる自動攻撃が金融やEコマース、ゲームなどの業界を襲っている。bot対策は一筋縄にはいかない。日々botと戦う最前線の技術者に、攻撃傾向と対策ポイントを聞いた。

(2020/10/12)

P R現実味を増す社会インフラへのサイバー攻撃 東武鉄道はどう対処したか

社会インフラを狙うサイバー攻撃の脅威が顕在化しつつある。これにどう対処すべきか。稼働中OT(Operational Technology)システムのセキュリティを強化して国のガイドラインにいち早く対応した東武鉄道の事例に学ぶ。

(2020/6/22)

注目の事例記事一覧へ

標的型攻撃関連の比較

「SOAR」と「SIEM」の違いとは? セキュリティ業務を効率化する2大手段

セキュリティ運用に関する製品分野として、「SIEM」(Security Information and Event Management)と「SOAR」(Security Orchestration, Automation and Response)がある。これらの違いは何か。

(2019/11/15)

注目の比較記事一覧へ