2006年10月27日 07時00分 公開
特集/連載

守備範囲を広げるSaaS型CRM――リモートサービスにも対応Case Study

オークマアメリカのシステム担当者はホスティングサービスのセキュリティに不安を感じていたが、ウェブエックスの実績を調べ、同社のSaaS型CRM製品導入に踏み切った。

[Barney Beal,TechTarget]

 工作機械メーカーのオークマアメリカで情報システム担当シニアマネジャーを務めるブライアン・ニューマン氏は、SaaS(サービスとしてのソフトウェア)にずっと懐疑的だった。セキュリティに不安を感じていたためだ。ところが、同氏は約2年前、ウェブエックス コミュニケーションズRemote Supportのパイロット導入に踏み切った。

 「もともとわたしは、ホスティングソリューションを敬遠していた。システムは自前で運用したいと考えている」とニューマン氏。「だが、ウェブエックスの実績などを調べ始めたら、彼らが信頼性の高いネットワークを持っていることが分かった。彼らは、われわれが独自に取り組むよりも高いセキュリティを経済的に実現している」

 SaaSベンダーは、顧客のデータセンターよりも大規模で、適切に保護されたデータセンターを基盤に、優れたセキュリティを提供できる。そのため、ホスティング型CRMサービスは、セキュリティに関する顧客の懸念を克服して普及が進んでおり、同サービスをはじめとするSaaSアプリケーション全体も、利用拡大に大きな弾みがついている。ホスティング型CRMサービスの草分けであるセールスフォース・ドットコムは先ごろ、ユーザー数が50万人に達したと発表している。さらに、アバディーングループの最近の調査では、回答企業の半数以上がSaaSアプリケーションを利用しているか、その利用を検討していた。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...