モバイル対応を進めるSaaS型CRMベンダー各社Column

センディアを買収したセールスフォース・ドットコムほか、CRMベンダーがモバイルCRMに本腰を入れ始めた。

2006年09月08日 07時00分 公開
[Barney Beal,TechTarget]

 モバイルCRM技術は、外回りの販売スタッフやフィールドサービススタッフが接続された状態を維持し、彼らに最新の情報を提供するためのソリューションであると久しく喧伝されながらも、これまで期待された成果を実現できないでいた。しかしここにきて、SaaS(サービスとしてのソフトウェア)ベンダーの注目を集めている。

 セールスフォース・ドットコムは7月、元パートナーであるモバイルアプリケーションデベロッパーのセンディアの買収に伴い、新しいモバイル機能をリリースした。一方、エンテリアムは6月、「eMobile」をリリースした。同社はシアトルを本拠とする新興企業で、セールスフォース・ドットコムやネットスイートといった大手SaaS型CRMベンダーに対抗している。エンテリアムの製品は、アップルの人気製品であるiPodのように、親指だけでシステムを操作することができるスライド式メニューを備えるのが特徴だ。

 直感的なユーザーインタフェースを提供し、広範に普及しているSaaS(あるいはオンデマンド)型CRMは、新技術の利用に関しては気まぐれなモバイル販売担当者に比較的受け入れられやすいようだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

「AIインフルエンサー」をZ世代はどう評価しているのか?
消費者にとってインフルエンサーは依然として重要だが、インフルエンサーに何を期待する...

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...