2006年11月16日 07時06分 公開
特集/連載

マーク・マイナシ氏、Vistaの新機能を語るInterview

Windows Vista発売に向けて、「Windowsの導師」のマーク・マイナシ氏にVistaのセキュリティ機能などについてインタビューした。

[Eileen Kennedy,TechTarget]

 マイクロソフトは間もなくWindows Vista 2007、Exchange Server 2007、Office System 2007をリリースしようとしている――いずれも11月30日、ニューヨークのナスダック株式市場で開催の出荷記念イベントでスティーブ・バルマーCEOが発表する予定だ。

 先ごろラスベガスで開催されたイベント、Microsoft Exchange Connectionsでは、正式発表に先駆けてこれらの製品が紹介された。TechTargetはこの会場で、ベテランITコンサルタントで、Windowsに関する著書を多数執筆しているマーク・マイナシ氏にMicrosoftの一連の新製品について聞いた。

―― なぜマイクロソフトの次世代製品にアップグレードする必要があるのでしょうか。

マイナシ 1つには、マイクロソフトがVistaで驚かせてくれたからです。昨年の今ごろVistaについて聞かれたら、わたしはVistaの機能は見掛け倒しだと答えたでしょう。ところが今年の2月に、(2007年のLonghorn Serverリリースまで)お目にかかれないと思っていたセキュリティ技術の多くがVistaに搭載されることが分かりました。Vistaの第一の使命は古いアプリケーションにいったん区切りをつけることですが、IT関係者はこれを歓迎すると思います。

―― IT関係者が歓迎すると思うのはなぜですか。

マイナシ わたしたちは皆、Windowsはセキュアではないと言ってマイクロソフトを責めています。でも、このVistaには数百ものセキュリティ設定があります。デフォルトのセキュリティ設定のままでも使えますが、すべての機能を有効にすれば、Vistaは非常にセキュアなOSになるでしょう。

―― そうしたセキュリティ機能の追加を歓迎しない人はいますか。

マイナシ マイクロソフトは「フォーチュン500社」の意向を気にし過ぎだと思います。ああした大企業には、数千もの古いアプリケーションがごちゃ混ぜ状態になっています。マイクロソフトは窮地に陥っています。なにしろ大企業は、プログラムをもっとセキュアにしろと言いながら、セキュリティが原因で多くのアプリケーションが使えなくなると文句を言うのですから。

関連ホワイトペーパー

Windows Server 2008 | Windows Vista | Office 2007


ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...

news059.jpg

三井住友海上が代理店サポートにAI活用 B2B2Cモデルで顧客体験価値向上のためにできること
三井住友海上がAIとデータアナリティクスで実現した代理店サポートのためのシステムを構...

news019.jpg

スマートスピーカーが生み出す新たな顧客体験
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...