2006年11月06日 00時00分 UPDATE
特集/連載

Microsoftが情報共有のあり方を変える!Office 2007/Exchange 2007が変えるコミュニケーションとコラボレーションのスタイル

約11年ぶりの同時出荷となるWindows Vistaとthe 2007 Microsoft Office system。そしてマイクロソフトの企業向け製品ラインアップ上、欠かすことのできないExchange Server 2007もほぼ時を同じくして出荷を予定している。ビッグローンチイヤーである今年、マイクロソフトは企業のコラボレーションスタイルやコミュニケーションスタイルを、どのように変え、どこに向かおうとしているのだろうか。

[TechTarget]
MS_face.jpg

マイクロソフト株式会社

インフォメーションワーカービジネス本部

IWインフラストラクチャマーケティンググループ

マネージャ

藤縄 智春氏

【専門分野:メッセ−ジング/コラボレーション、B2B/EAI/BPA】

ロータス株式会社にてcc:Mail, Notes/Domino のプロダクトマーケティングを担当後、マイクロソフトへ入社。ExchangeServer、マイクロソフトE-Business製品のプロダクトマーケティングを担当し、現在はExchange Server/Outlook に加え、Office 2007の新ラインアップであるGrooveも担当。


ニーズとシーズのバランスでカバーできる時代は終わった

 12〜13年ほど前、企業のコラボレーションやコミュニケーションのスタイルはどうだったでしょう。ワープロ専用端末で作成した文書をFAXで送り、電話で「届きましたか?」と確認するようなことも慣習としてありました。携帯電話などはさほど普及していなかった時代ですから、固定電話か、外勤者であれば公衆電話で連絡を取り合うのが当たり前。すぐに相手を捕まえたいということで、ポケットベルもよく使われていました。当然、直接話をしたくても距離的な壁があれば、出張も頻繁に行われていました。

 しかし、馴染みやすく心地よいインタフェースを搭載したPCの登場により、その世界は一変しました。現在では必要不可欠なインターネットの普及も、企業のコラボレーションやコミュニケーションのスタイルの変化において、大きなターニングポイントであったことは言うまでもありません。

 少し思い出してみてください。Windows 3.1からWindows 95、Office 95が登場し、実際にそれを業務で利用し始めたころの様子を。電子メールも社内のみの利用であったファイル共有型のものから、インターネットを介し、容易に組織の壁を超えられるようになりました。きっと多くの方がその生産性と利便性に少なからず感動し、すごい時代がやってきたなと感じられたと思います。それから10年余り、現在の企業におけるコラボレーションスタイル、コミュニケーションスタイルはどう変わったでしょうか。

 もしかしたら、情報流通のスピードについていけず、情報の海に溺れかけてはいないでしょうか。電子情報に対する依存度が高くなり、環境によってアクセスの手段が限定されることにストレスを感じていないでしょうか。昨今の機密情報漏えいや個人情報漏えいへの対策のため、ツールの利用や情報の取り扱いに対する十分な配慮が、生産性や利便性の妨げになっていないでしょうか。

 ごく当たり前のことですが、情報システムというのは元来、生産性や利便性といったものを高めるために有効なツールだったはずです。それが、情報システムへの依存度が高くなることによって、ガバナンス、コンプライアンス(法令遵守)など、これまでとは異なる課題が生まれてきていることも、目を背けることのできない事実と私達は考えています。情報システムが内包するジレンマとも言えるかもしれません。

 Windows VistaやOffice 2007、Exchange 2007に限らず、マイクロソフトが提案する製品、サービスは、現状のニーズをケアし、かつ3年後、5年後の世界を見越した製品開発を行っています。つまり、ニーズ志向とシーズ志向のバランスを取った製品開発と言えます。新バージョンであるExchange Server 2007で例えるなら、コンプライアンス対応としてのジャーナル機能やコンテンツフィルタリングは、まさしくニーズの部分ですし、Voice Access機能のように携帯電話などから音声だけで、自身のメールやスケジュールをコントロールするような機能はシーズの部分と言えます。

 ただ、先述したような状況、つまり情報システムのジレンマは、ニーズとシーズのバランスによる製品開発やサービス提供という範疇だけでは解決できない現象の一例だと考えます。要は、企業のコラボレーションスタイルやコミュニケーションスタイルは、平均的なニーズや、メーカーが唱える世界だけではカバーしきれないほど多種多様なものになってきているということです。

 例えば営業などの外勤者が多く存在する企業と内勤者がほとんどという企業とでは、そこに求められるスタイルは異なるはずです。

 90年代終わりから2000年代初頭にかけては、ERPなどに対するIT投資意欲が非常に高かったのですが、ここへきて情報共有や知の継承といった情報系システムへの投資が再び盛んになりつつあります。これは、多種多様なスタイルとニーズにどう対処すべきかを、再び考える時期にあるという兆候かもしれません。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

ブランドにとってのTwitterの価値は「オーディエンス」 『カメ止め』女優や経沢香保子氏らが語る
映画『カメラを止めるな!』に出演した女優しゅはまはるみ氏、アーティスト和田永氏、キ...

news044.jpg

世界の顧客満足度は下降傾向に――Zendesk調査
Zendeskの「カスタマーエクスペリエンス傾向分析レポート2019年版」より。

news008.jpg

ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。