SSJ、統合業務パッケージ「SuperStream」専用のシステム連携ツールを発売NEWS

ほかのシステムで発生・作成したデータとSuperStreamに蓄積されたデータを直接連携させることで、より正確な会計データを作成し、企業の内部統制を支援

2007年09月27日 19時51分 公開
[TechTarget]

 エス・エス・ジェイ(SSJ)は9月27日、財務会計・人事/給与・戦略経営支援の統合業務パッケージ「SuperStream」専用のシステム連携ツール「superstream-connect」を9月28日より販売開始すると発表した。

 superstream-connectは、SuperStreamに蓄積されたデータとほかのシステムで発生・作成したデータとを直接連携させるシステム連携ツール。分析ツールとの連携や、複数システムのデータ取り込み、企業の用途に合わせた帳票でのアウトプット、データ統合などが可能となっている。これにより、より正確な会計データを作成でき、企業の内部統制を支援するとしている。価格はサーバ1CPUにつき200万円から。

関連ホワイトペーパー

内部統制 | 帳票 | 基幹システム | システム構築


ITmedia マーケティング新着記事

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...