2007年09月27日 19時51分 公開
ニュース

SSJ、統合業務パッケージ「SuperStream」専用のシステム連携ツールを発売NEWS

ほかのシステムで発生・作成したデータとSuperStreamに蓄積されたデータを直接連携させることで、より正確な会計データを作成し、企業の内部統制を支援

[TechTarget]

 エス・エス・ジェイ(SSJ)は9月27日、財務会計・人事/給与・戦略経営支援の統合業務パッケージ「SuperStream」専用のシステム連携ツール「superstream-connect」を9月28日より販売開始すると発表した。

 superstream-connectは、SuperStreamに蓄積されたデータとほかのシステムで発生・作成したデータとを直接連携させるシステム連携ツール。分析ツールとの連携や、複数システムのデータ取り込み、企業の用途に合わせた帳票でのアウトプット、データ統合などが可能となっている。これにより、より正確な会計データを作成でき、企業の内部統制を支援するとしている。価格はサーバ1CPUにつき200万円から。

関連ホワイトペーパー

内部統制 | 帳票 | 基幹システム | システム構築


ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...