2007年10月17日 18時49分 公開
ニュース

マイクロソフト、ユニファイドコミュニケーションソフトウェアを提供NEWS

「Microsoft Office Communicator 2007」や「Microsoft Office Live Meeting」など、ビジネス環境におけるコミュニケーションの効率化を図るソフトウェア群を11月より提供

[TechTarget]

 マイクロソフトは10月17日、ユニファイドコミュニケーション(UC)ソフトウェアの日本市場向けの提供を11月から順次開始すると発表した。発表されたソフトウェア、サービス、デバイスは次の通り。

「Microsoft Office Communications Server 2007」

 Microsoft Office systemのアプリケーションなどに、音声、ビデオ、インスタントメッセージ、会議、プレゼンス情報(在席情報)などのコミュニケーション機能を提供するリアルタイムコミュニケーションサーバ。11月1日より提供開始。

「Microsoft Office Communicator 2007」

 PC、モバイルおよびWebブラウザ間での通話、インスタントメッセージならびにビデオによるコミュニケーションを可能にするクライアント用ソフトウェア。ボリュームライセンスで提供している「Microsoft Office Professional Plus 2007」と「Microsoft Office Enterprise 2007」にも同梱される。11月1日より提供開始。

「Microsoft Office Live Meeting」

 会議の開催、文書、映像およびアプリケーションの共有、会議の記録といった機能を、インターネットに接続されたPCから実行できるSaaS型のWeb会議サービスの最新バージョン。11月1日より提供開始。

「Microsoft RoundTable」

 360度の全方位カメラを利用した会議用電話システム。会議室とその参加者の様子をパノラマ画像として撮影し、発言者の追跡表示機能などを装備。11月中に提供開始予定。

「Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 1」

 「Microsoft Exchange Server 2007」向けの日本語版サービスパック。11月中旬より順次提供開始。

 なお、Microsoft Office Communications Server 2007に関してはすでに日産自動車、東京地下鉄を始めとする大手企業5社が採用を表明。20社以上のパートナー企業が対応製品とサービスを発表している。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...