2007年10月17日 18時49分 UPDATE
ニュース

NEWSマイクロソフト、ユニファイドコミュニケーションソフトウェアを提供

「Microsoft Office Communicator 2007」や「Microsoft Office Live Meeting」など、ビジネス環境におけるコミュニケーションの効率化を図るソフトウェア群を11月より提供

[TechTarget]

 マイクロソフトは10月17日、ユニファイドコミュニケーション(UC)ソフトウェアの日本市場向けの提供を11月から順次開始すると発表した。発表されたソフトウェア、サービス、デバイスは次の通り。

「Microsoft Office Communications Server 2007」

 Microsoft Office systemのアプリケーションなどに、音声、ビデオ、インスタントメッセージ、会議、プレゼンス情報(在席情報)などのコミュニケーション機能を提供するリアルタイムコミュニケーションサーバ。11月1日より提供開始。

「Microsoft Office Communicator 2007」

 PC、モバイルおよびWebブラウザ間での通話、インスタントメッセージならびにビデオによるコミュニケーションを可能にするクライアント用ソフトウェア。ボリュームライセンスで提供している「Microsoft Office Professional Plus 2007」と「Microsoft Office Enterprise 2007」にも同梱される。11月1日より提供開始。

「Microsoft Office Live Meeting」

 会議の開催、文書、映像およびアプリケーションの共有、会議の記録といった機能を、インターネットに接続されたPCから実行できるSaaS型のWeb会議サービスの最新バージョン。11月1日より提供開始。

「Microsoft RoundTable」

 360度の全方位カメラを利用した会議用電話システム。会議室とその参加者の様子をパノラマ画像として撮影し、発言者の追跡表示機能などを装備。11月中に提供開始予定。

「Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 1」

 「Microsoft Exchange Server 2007」向けの日本語版サービスパック。11月中旬より順次提供開始。

 なお、Microsoft Office Communications Server 2007に関してはすでに日産自動車、東京地下鉄を始めとする大手企業5社が採用を表明。20社以上のパートナー企業が対応製品とサービスを発表している。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

news087.jpg

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...

news105.jpg

ITツールの利用効果に対する実感に世代間ギャップ――Dropbox Japan調査
国内企業における創造性とITツール利用に関する実態調査です。