2007年12月18日 19時00分 公開
ニュース

日本HPとRSAセキュリティ、Webサービス向け認証基盤の提供で協業NEWS

日本HPのWebシングルサインオンソリューション「HP IceWall SSO」と、RSAセキュリティの多層型認証強化ソリューション「RSA Adaptive Authentication for Web」を組み合わせて提供

[TechTarget]

 日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)とRSAセキュリティは12月18日、Webサービスにおける認証ソリューションの提供で協業することを発表した。今回の協業により両社は、複数のWebサービスの認証機能を統合した日本HPのWebシングルサインオンソリューション「HP IceWall SSO」と、RSAセキュリティのオンラインセキュリティ強化ソリューション「RSA Adaptive Authentication for Web」とを組み合わせて提供する。

 RSA Adaptive Authentication for Webは、「リスクベース認証」「ユーザーによるサイト認証」「ワンタイムパスワード認証」からなる多層型認証強化ソリューション。HP IceWall SSOとリスクベース認証機能との連携モジュールの提供により、RSA Adaptive Authentication for WebをHP IceWall SSOの1機能として扱うことができる。これにより、単純な不正アクセスをはじめ、複雑な動作を伴うクラッキングプログラムからの攻撃や偽装されたWebサイトを経由したアクセスなどの脅威を排除し、安全性の高いWebサービスの実装を可能にするとしている。

 両社はこのソリューションに関し、連携モジュールの開発などの技術協力、ユーザーへの共同提案などで協業を続け、将来的には日本HPからの一括販売、サポート提供を目指すとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news140.jpg

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...