OKI、SIP連携が可能なIPテレフォニー製品の新モデルを発売NEWS

大規模オフィス向けIPテレフォニーサーバ「SS9100」、中小規模向けIP-PBXおよびIP&モバイルビジネスフォン「IPstageシリーズ」を発売

2008年01月23日 18時22分 公開
[TechTarget]

 沖電気工業(OKI)は1月23日、大規模オフィス向けIPテレフォニーサーバ「IP CONVERGENCE Server SS9100リリース8(以下、SS9100)」と、中小規模向けIP-PBX「IPstage EX300リリース5」、IP&モバイルビジネスフォン「IPstage MX/SXリリース5」(以下、両製品を合わせてIPstageシリーズ)の販売を同開始した。SS9100とIPstageシリーズはIPネットワーク上でSIP(※)連携が可能となっている。

 両製品が混在するネットワークがIP内線として接続されるため、通話品質の劣化防止と同社のIP電話技術「eおと」を利用できるようになった。また、音声アプリケーション「Com@WILLソフトフォン」を利用することで、TV会議やアプリケーション共有などのコミュニケーション機能を活用できる。

(※)Session Initiation Protocol:インターネット電話などで用いられる通話制御プロトコルの1つ

関連ホワイトペーパー

IP電話 | VoIP | コミュニケーション


ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...