2008年02月25日 20時53分 UPDATE
ニュース

NEWS日本HP、最大4プロセッサ搭載可能なIntegrityブレードサーバ最新機種

デュアルコアItanium 9100番台を最大4プロセッサ8コアまで搭載可能なHP-UX対応「HP Integrity BL870cサーバブレード」を発売し、高信頼UNIXをブレードサーバで積極展開する。

[TechTarget]

 日本ヒューレット・パッカードは2月25日、HP-UX(Hewlett-Packard UniX)対応ブレードシステム「HP Integrity BL870cサーバブレード」(以下、BL870c)を発表した。

画像 HP Integrity BL870cサーバブレード

 本製品は、「HP BladeSystem c-Class」に搭載可能なIntegrityサーバの新製品。インテルのデュアルコアItanium 9100番台を最大4プロセッサ8コアまで搭載可能な上、従来製品「BL860c」と比べ、最大2倍のメモリ容量/HDD容量を実現している。

 OSはHP-UXのほかにWindows、Linuxなどをサポート。x86プロセッサ搭載のHP ProLiant ブレードサーバと同一エンクロージャ内での混在が可能であり、拡張性の高いHP-UX環境を構築しながら、さまざまなブレードを1つのエンクロージャに統合することができる。また、サーバ仮想化実現のためにCPUのリソースを5〜100%の範囲で複数OS環境に分割するsub-CPUパーティショニング技術「HP Integrity Virtual Machines」(Integrity VM)に対応している。

 最小構成価格は260万7150円(税込み)。

関連ホワイトペーパー

ブレードサーバ | HP-UX | 仮想化 | UNIX


ITmedia マーケティング新着記事

news038.jpg

PR業界の最新潮流、インフルエンサー活用が進む――日本パブリックリレーションズ協会調べ
日本パブリックリレーションズ協会の推計によると、2018年度におけるPR業の売上高は1290...

news117.jpg

Criteoがモバイルアプリ広告事業を強化、新規獲得と既存顧客活性化のためにできること
インストール、リエンゲージメント、ダイナミックリターゲティングで、Criteoが企業のモ...

news032.jpg

日本の消費者はサブスクリプションにどれだけ前向きか――Zuora調べ
Zuoraが実施した世界のサブスクリプションビジネスの実態調査です。