2008年02月26日 19時32分 UPDATE
ニュース

NEWSサンが「JP1」の販売/コンサルティングサービスを開始、Solarisとの親和性訴求

「JP1」を活用した運用管理ソリューションとして、JP1のライセンス販売やコンサルティング、設計・構築サービスをサンのプロフェッショナルサービスとして提供する。

[TechTarget]

 サン・マイクロシステムズは2月26日、日立製作所の統合システム運用管理製品「JP1」を活用した運用管理ソリューションを発表した。3月1日より提供を開始する。

 今回提供を開始するJP1を活用した運用管理ソリューションの概要は以下のとおり。

  • JP1のライセンス販売
  • JP1のコンサルティングおよび設計・構築サービスを、サンのプロフェッショナルサービスとして提供
  • サンのプロフェッショナルサービスとして、同社のほかのソリューションとも融合したサービスの提供
  • 運用管理支援サービスの提供
  • 保守サービスの提供 (提供開始は4月1日から)

 他社製品を活用した運用管理ソリューションを提供することに関して同社は、「運用管理サービスソリューションの企画から開発、マーケティングまでを統合/戦略的に行うことで、国内の運用管理市場における事業拡大と競争力強化を図るのが狙い」としている。

 JP1を選択した理由としては、国内運用管理市場で高いシェアと信頼性を持つこと、Solarisとの組み合わせを密にすることで拡張性の高い企業情報システムを構築することが可能と判断したことを挙げている。運用管理用サーバなどサンのハードウェア販売に加え、JP1の販売、運用管理に関するコンサルティングから環境構築・設定・運用保守までを含む一貫したサポート体制の下、最適なソリューションを提供していくとしている。

 今後は、輸送用コンテナに収められたモジュラー仮想データセンター「Sun Modular Datacenter S20」とJP1を組み合わせたソリューションの提供も企画していく。

ITmedia マーケティング新着記事

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...

news118.jpg

「スーパーアプリ」の台頭がアジアのモバイルファイナンス成長を後押し――AdjustとApp Annieが共同調査
AdjustはApp Annieと共同で「モバイルファイナンスレポート2019」を発表しました。