2008年02月26日 19時32分 公開
ニュース

サンが「JP1」の販売/コンサルティングサービスを開始、Solarisとの親和性訴求NEWS

「JP1」を活用した運用管理ソリューションとして、JP1のライセンス販売やコンサルティング、設計・構築サービスをサンのプロフェッショナルサービスとして提供する。

[TechTarget]

 サン・マイクロシステムズは2月26日、日立製作所の統合システム運用管理製品「JP1」を活用した運用管理ソリューションを発表した。3月1日より提供を開始する。

 今回提供を開始するJP1を活用した運用管理ソリューションの概要は以下のとおり。

  • JP1のライセンス販売
  • JP1のコンサルティングおよび設計・構築サービスを、サンのプロフェッショナルサービスとして提供
  • サンのプロフェッショナルサービスとして、同社のほかのソリューションとも融合したサービスの提供
  • 運用管理支援サービスの提供
  • 保守サービスの提供 (提供開始は4月1日から)

 他社製品を活用した運用管理ソリューションを提供することに関して同社は、「運用管理サービスソリューションの企画から開発、マーケティングまでを統合/戦略的に行うことで、国内の運用管理市場における事業拡大と競争力強化を図るのが狙い」としている。

 JP1を選択した理由としては、国内運用管理市場で高いシェアと信頼性を持つこと、Solarisとの組み合わせを密にすることで拡張性の高い企業情報システムを構築することが可能と判断したことを挙げている。運用管理用サーバなどサンのハードウェア販売に加え、JP1の販売、運用管理に関するコンサルティングから環境構築・設定・運用保守までを含む一貫したサポート体制の下、最適なソリューションを提供していくとしている。

 今後は、輸送用コンテナに収められたモジュラー仮想データセンター「Sun Modular Datacenter S20」とJP1を組み合わせたソリューションの提供も企画していく。

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...