2008年03月05日 19時01分 公開
ニュース

シスコがエコと性能を両立した新ルータ、NGN基盤で採用へNEWS

シスコシステムズは複数のサービスを1台に集約する中型ルータを発表、高品質・高信頼性の次世代ネットワークでの需要を見込む。

[堀見誠司,TechTarget]

 シスコシステムズは3月5日、通信事業者/企業向けミッドレンジルータ「Cisco ASR 1000シリーズ」(以下、ASR 1000)を発表した。エッジネットワーク用途のサービスルータとして、新開発のプロセッサによる高度なネットワーク品質制御や省電力・省スペースを実現している。NTTが3月より開始予定のNGN(次世代ネットワーク)商用サービスのインフラに採用された。

画像 コントロールプレーンとデータプレーンを分離して信頼性を高めたASR 1000。ハイエンドルータ「CRS-1」や「Cisco 7600」用のネットワークインタフェースが利用可能

 ASR 1000は、ビデオ、音声、セキュリティなどさまざまなサービスを1台で集約処理するシャーシ型のサービスアグリゲーションルータ。ソフトウェア仮想化機能により、ハードウェアを追加せずにファイアウォールやレイヤー2/3 VPN、セッションボーダーコントロールといったサービス機能を同時に利用できる。3スロット(2RU)、8スロット(4RU)、そしてハードウェアの二重化に対応した12スロット(6RU)の3モデルがある。

画像 ASR 1000各モデルの仕様《クリックで拡大》

 ASR 1000の特徴は、独自開発のネットワークプロセッサ「QuantumFlow Processor」(QFP)を搭載する点。40の独立したパケット処理エンジンの並列処理により、12万8000個のQoSキューを処理しながら10Gbpsのスループットを出せるという。パケット転送用プロセッサモジュールの交換により、将来は20Gbpsないしは40Gbpsまで拡張できる。加えて、無停止でのシステム更新(ISSU)がハードウェアの冗長化なしで可能だ。

 また、ASR 1000は省電力や省スペースを追求した設計になっている。ポート当たりの消費電力をCisco 7301と比べて46%削減できるほか、電源やインタフェースの収容効率が向上している。これにより、複数の専用機器で同等の機能を構成する場合に比べ、設置スペースが約半分に抑えられる。

 ネットワークインタフェースを含まない最小構成時の価格は、3スロットモデルが469万9000円から、8スロットモデルが728万3000円から、12スロットモデルが857万5000円から。4月より発売が開始される。

画像 NGNで先行する日本市場へのコミットを強調するオーバービーク社長

 同社社長兼CEOのエザード・オーバービーク氏は、製品発表会の席でNTT東日本/西日本が商用サービス化予定であるNGNのエッジサービスルータとしてASR 1000を採用したことを明かし、「コンシューマーとビジネス両方に向けたエニープレイ(any play:複合サービス)を実現する次世代ネットワークのプラットフォームに最適な製品」と、NGNとの親和性をアピールした。

関連ホワイトペーパー

Cisco Systems(シスコシステムズ) | NGN | ルータ


ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...