2008年03月05日 19時01分 公開
ニュース

シスコがエコと性能を両立した新ルータ、NGN基盤で採用へNEWS

シスコシステムズは複数のサービスを1台に集約する中型ルータを発表、高品質・高信頼性の次世代ネットワークでの需要を見込む。

[堀見誠司,TechTarget]

 シスコシステムズは3月5日、通信事業者/企業向けミッドレンジルータ「Cisco ASR 1000シリーズ」(以下、ASR 1000)を発表した。エッジネットワーク用途のサービスルータとして、新開発のプロセッサによる高度なネットワーク品質制御や省電力・省スペースを実現している。NTTが3月より開始予定のNGN(次世代ネットワーク)商用サービスのインフラに採用された。

画像 コントロールプレーンとデータプレーンを分離して信頼性を高めたASR 1000。ハイエンドルータ「CRS-1」や「Cisco 7600」用のネットワークインタフェースが利用可能

 ASR 1000は、ビデオ、音声、セキュリティなどさまざまなサービスを1台で集約処理するシャーシ型のサービスアグリゲーションルータ。ソフトウェア仮想化機能により、ハードウェアを追加せずにファイアウォールやレイヤー2/3 VPN、セッションボーダーコントロールといったサービス機能を同時に利用できる。3スロット(2RU)、8スロット(4RU)、そしてハードウェアの二重化に対応した12スロット(6RU)の3モデルがある。

画像 ASR 1000各モデルの仕様《クリックで拡大》

 ASR 1000の特徴は、独自開発のネットワークプロセッサ「QuantumFlow Processor」(QFP)を搭載する点。40の独立したパケット処理エンジンの並列処理により、12万8000個のQoSキューを処理しながら10Gbpsのスループットを出せるという。パケット転送用プロセッサモジュールの交換により、将来は20Gbpsないしは40Gbpsまで拡張できる。加えて、無停止でのシステム更新(ISSU)がハードウェアの冗長化なしで可能だ。

 また、ASR 1000は省電力や省スペースを追求した設計になっている。ポート当たりの消費電力をCisco 7301と比べて46%削減できるほか、電源やインタフェースの収容効率が向上している。これにより、複数の専用機器で同等の機能を構成する場合に比べ、設置スペースが約半分に抑えられる。

 ネットワークインタフェースを含まない最小構成時の価格は、3スロットモデルが469万9000円から、8スロットモデルが728万3000円から、12スロットモデルが857万5000円から。4月より発売が開始される。

画像 NGNで先行する日本市場へのコミットを強調するオーバービーク社長

 同社社長兼CEOのエザード・オーバービーク氏は、製品発表会の席でNTT東日本/西日本が商用サービス化予定であるNGNのエッジサービスルータとしてASR 1000を採用したことを明かし、「コンシューマーとビジネス両方に向けたエニープレイ(any play:複合サービス)を実現する次世代ネットワークのプラットフォームに最適な製品」と、NGNとの親和性をアピールした。

関連ホワイトペーパー

Cisco Systems(シスコシステムズ) | NGN | ルータ


ITmedia マーケティング新着記事

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news118.jpg

マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介...