2008年04月11日 17時08分 公開
ニュース

NEWSトライピークス、組み込みLinux搭載製品の起動時間短縮ソリューションの最新版

発売後初のメジャーバージョンアップとなる「TP InstantBoot Version2.0」を発売。スナップショットイメージ圧縮や高速シリアル転送、デバッグツールによるシステムイメージ採取・復元などをサポートした

[TechTargetジャパン]

 トライピークスは4月10日、組み込みLinux搭載製品の起動時間短縮ソリューション「TP InstantBoot」の最新版「TP InstantBoot Version2.0」を発売した。

 TP InstantBootは、Linuxカーネルやアプリケーションに修正をほとんど加えることなく、システムのメモリ状態やCPUのレジスタ状態をシステムイメージとして採取し、ユーティリティで圧縮変換してフラッシュROMなどのストレージデバイスにスナップショットイメージとして保存するもの。機器の電源投入時に保存したスナップショットイメージからシステムを復元することで、Linuxカーネルやアプリケーションのロードおよび初期化時間を短縮し、システム全体の起動時間を短縮する。

 最新版は、TP InstantBoot 1.0が2006年5月に発表されて以来の初のメジャーバージョンアップとなる。新機能として、スナップショットイメージ圧縮をサポートしたことにより、スナップショットイメージのサイズを従来比で約30%削減したという。また、システムイメージ採取時のシリアル転送の符号化アルゴリズムを見直し高速化したことで、採取にかかる時間を従来比で約3分の1に低減。このほか、ハードウェアデバッグツール「JTAG-ICE」によるシステムイメージ採取および復元もサポートしている。

関連ホワイトペーパー

組み込み | 運用管理 | オープンソース


ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

Google トレンドで探る新型コロナウイルスに関連する検索動向
新型コロナウイルスの脅威が高まる中、国内の関心はどのように移り変わっているのか。「G...

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...