2008年04月25日 18時52分 UPDATE
ニュース

NEWSターボリナックス、運用管理を簡素化したインターネットサーバ構築ソフトの最新版

ターボリナックスは、インターネットサーバ構築・管理ソフトウェアの新製品「Turbolinux Appliance Server 3.0」の販売を開始した。

[TechTargetジャパン]

 ターボリナックスは4月25日、インターネットサーバ構築・管理ソフトウェアの新製品「Turbolinux Appliance Server 3.0」(以下、TLAS3)の販売を開始した。

 TLAS3は、同社のサーバOSをベースにSun Cobalt互換のオープンソース管理ツールBlueQuartzを搭載し、Webやメール、DNS(Domain Name System)などのインターネット系サービスの各種設定や機能をWebブラウザで一元管理できるソリューション。

 新バージョンは、「Turbolinux 11 Server」をベースに従来の機能を継承しつつ、Webアプリケーション開発言語PHP5に対応、標準メールサーバにPostfixを採用するなど、Webサーバやメールサーバのベースとなるシステムのパフォーマンスとセキュリティを向上した。また、GUI(Graphical User Interface)の設定項目の拡充により操作性が向上し、簡易バックアップ機能やログ監視・通知機能など、サーバの安全運用をサポートする新機能を搭載している。

 これらの機能に加えて、ベースとなるOSからアプリケーション、サポートサービスをワンストップで提供することで、インターネットサーバのスピード導入が可能になるという。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | Turbolinux | サーバ


ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。