プロリンクとターボリナックス、既存PCをシンクライアント化するツールを発売NEWS

プロリンクの指紋認証付USBデバイス「BioDataSec2.0」にターボリナックスが提供するシンクライアント向けOS・アプリケーションを搭載した、企業向けシンクライアント対応デバイス「BioDataSecTL」を10月下旬より販売開始

2007年10月17日 18時44分 公開
[TechTarget]

 プロリンクとターボリナックスは10月17日、既存PCをシンクライアント化するセキュアクライアントツールとして、OS内蔵型指紋認証付きUSBデバイス「BioDataSecTL」を10月下旬より販売開始すると発表した。

 本製品は、プロリンクの指紋認証付きUSBデバイス「BioDataSec2.0」に、ターボリナックスが提供するシンクライアント向けOS「TurbolinuxOS」およびシンクライアントアプリケーションを搭載したもの。

 既存のPCにBioDataSecTLを接続し指紋認証を行うことで、OSの起動・VPN接続・センターサーバ認証を行い、シンクライアント環境を提供する。指紋認証を行うBioDataSec2.0」は、高性能アルゴリズム、感熱式スイープセンサーを搭載による高認識率とUSB-CDROM起動による高いブート率を実現しているという。BioDataSecTLと有線LANやモバイル通信(無線LAN、通信カード)などの環境があれば、出先や自宅のPCでも簡単にシンクライアント環境を利用できるとしている。

関連ホワイトペーパー

指紋認証 | シンクライアント | 情報漏洩


ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...