デル、仮想化ソフトをSDカードに搭載した新PowerEdgeサーバ2機種を発表NEWS

デルは、サーバ仮想化に対応した新PowerEdgeサーバ2機種を発表。VMware ESXi 3.5またはCitrix XenServer 4.1をSDメモリーカードに組み込み出荷する。

2008年05月13日 21時50分 公開
[大倉雅弘,TechTargetジャパン]

 デルは5月13日、仮想化環境に最適化されたPCサーバ「PowerEdge」2機種を発表した。仮想環境では複数のOSが稼働することから、高性能なCPUならびに十分なメモリ容量の確保が求められる。今回発表された2製品はいずれもその条件を満たすもので、最新のAMDクアッドコアOpteronプロセッサの搭載や各種拡張スロットの大幅な増設など、仮想環境での使用を前提とした機能強化が行われている。

 ラインアップに加わるのは、ラックマウント型の「PowerEdge R805」「PowerEdge R905」の2製品だ。PowerEdge R805は2ソケットの2Uラックサーバで、同クラスのサーバの2倍に相当する16個のDIMMスロット(最大で128Gバイトのメモリを搭載可能)と、4ポートのギガビットNIC(Network Interface Card)、4つのPCI Expressスロットを備える。PowerEdge R905は4ソケットの4Uラックサーバで、32個のDIMMスロット(最大で256Gバイトのメモリを搭載可能)、4ポートのギガビットNIC、8つのPCI Expressスロットを備える。

 最大の特徴は、SDメモリーカードにサーバ仮想化ソフトウェアを組み込んで提供する点だ。今回発表された2製品は、「VMware ESXi 3.5」または「Citrix XenServer 4.1」がSDメモリーカードにプリインストールされた状態で出荷され、ユーザーは容易に仮想サーバを構築できるという。これで同社は、従来の「VMware ESX 3.5」「OracleVM」に上記2製品を加え、主要な仮想化ハイパーバイザー製品をカバーすることになる。

マザーボード上に設けられたSDメモリーカードスロット

 価格は、PowerEdge R805が53万7600円から、PowerEdge R905が81万7950円からとなっている(いずれも税込み、配送料含む、ソフトウェアライセンス料除く)。

 併せて同社は、「今後、仮想化を実現するためにはストレージを統合し、アプリケーションごとに使用しているストレージ容量を割り当て直す必要がある」としており、そのサポートのためのストレージのアセスメントサービスを5月下旬から開始する。

関連ホワイトペーパー

仮想化 | VMware | Citrix(シトリックス) | クアッドコア


ITmedia マーケティング新着記事

news187.jpg

アドウェイズ、バイタルサイン計測サービス「MARKETING DOC」を発表
アドウェイズは、マーケティングの活動状況を計測して診断するサービス「MARKETING DOC」...

news057.png

外注費の実態 「動画制作」「マーケティング」が大きく増加の傾向――ランサーズ調査
フリーランスや専門会社への「外注」について、どのような業務の外注費が増加傾向にある...

news049.png

SEO対策において「古い記事」をどうすべきか? 3つの対処法を解説
SEOの観点では、古い記事は削除した方がいいのか、残しておいても大丈夫か。どのような対...