デル、仮想化ソフトをSDカードに搭載した新PowerEdgeサーバ2機種を発表NEWS

デルは、サーバ仮想化に対応した新PowerEdgeサーバ2機種を発表。VMware ESXi 3.5またはCitrix XenServer 4.1をSDメモリーカードに組み込み出荷する。

2008年05月13日 21時50分 公開
[大倉雅弘,TechTargetジャパン]

 デルは5月13日、仮想化環境に最適化されたPCサーバ「PowerEdge」2機種を発表した。仮想環境では複数のOSが稼働することから、高性能なCPUならびに十分なメモリ容量の確保が求められる。今回発表された2製品はいずれもその条件を満たすもので、最新のAMDクアッドコアOpteronプロセッサの搭載や各種拡張スロットの大幅な増設など、仮想環境での使用を前提とした機能強化が行われている。

 ラインアップに加わるのは、ラックマウント型の「PowerEdge R805」「PowerEdge R905」の2製品だ。PowerEdge R805は2ソケットの2Uラックサーバで、同クラスのサーバの2倍に相当する16個のDIMMスロット(最大で128Gバイトのメモリを搭載可能)と、4ポートのギガビットNIC(Network Interface Card)、4つのPCI Expressスロットを備える。PowerEdge R905は4ソケットの4Uラックサーバで、32個のDIMMスロット(最大で256Gバイトのメモリを搭載可能)、4ポートのギガビットNIC、8つのPCI Expressスロットを備える。

 最大の特徴は、SDメモリーカードにサーバ仮想化ソフトウェアを組み込んで提供する点だ。今回発表された2製品は、「VMware ESXi 3.5」または「Citrix XenServer 4.1」がSDメモリーカードにプリインストールされた状態で出荷され、ユーザーは容易に仮想サーバを構築できるという。これで同社は、従来の「VMware ESX 3.5」「OracleVM」に上記2製品を加え、主要な仮想化ハイパーバイザー製品をカバーすることになる。

マザーボード上に設けられたSDメモリーカードスロット

 価格は、PowerEdge R805が53万7600円から、PowerEdge R905が81万7950円からとなっている(いずれも税込み、配送料含む、ソフトウェアライセンス料除く)。

 併せて同社は、「今後、仮想化を実現するためにはストレージを統合し、アプリケーションごとに使用しているストレージ容量を割り当て直す必要がある」としており、そのサポートのためのストレージのアセスメントサービスを5月下旬から開始する。

関連ホワイトペーパー

仮想化 | VMware | Citrix(シトリックス) | クアッドコア


ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。