2010年02月17日 09時00分 公開
ニュース

ブルーコート、WAN高速化装置でIPv6に対応NEWS

主力製品「Proxy SG」シリーズにてIPv6ベースのWAN高速化/プロキシ利用が可能になった。移行期となるIPv4/v6混在環境においてシームレスなアプリケーション利用が可能になるという。

[堀見誠司,TechTargetジャパン]

 ブルーコートシステムズは2月16日、WAN高速化アプライアンス「Proxy SGシリーズ」でIPv6をサポートすると発表した。同製品のOS「SGOS」の最新バージョン5.5で実装する。2009年11月にリリース済みで、保守契約ユーザーは無償でバージョンアップできる。

 現状のIPv4環境からIPv6への移行手段としては、トンネリングやプロトコル変換(NAPT-PT)、IPv6パケットのヘッダやペイロード変換を行うアプリケーションレイヤーゲートウェイ(ALG)などの手法がある。だがアプリケーションの利用に関しては、いずれもユーザー端末の環境によってデータを解釈できなかったり既存アプリケーションが未対応といった理由で万能ではなく、IPv6対応サービスの本格化が遅れている。

 IPv6対応のProxy SGでは独自技術により、HTTPやDNS、FTPといったIPv4形式のリクエストをIPv6形式に変換するトランスレータとして機能し、IPv6ネットワークにおいてもレイヤー4以上のアプリケーショントラフィックの最適化が可能になった。従来のIPv4ベースでアプリケーションプロトコルを最適化するポリシーエンジンをIPv6に対応させることにより、管理者が設定したルールに基づくデータキャッシングやWAN高速化をv4/v6混在環境のユーザーにも提供できるという。

画像 バージョンアップでv6ネイティブでのコンテンツキャッシュやWAN最適化が可能になると話すリー氏

 米Blue Coat Systems チーフサイエンティスト兼シニアテクノロジストのチン・リ氏はProxy SGをIPv6に対応させた背景を「ISPや企業では、IPv4からv6への移行期間が長期化する傾向にあり、さらにその期間中もセキュリティは保たれていなければならない。だが、既存のWAN高速化とWebセキュリティゲートウェイにはIPv6対応製品がなかった」と説明する。ISP向けにはIPTVのようなIPv6が不可欠となるコンテンツ配信サービス、基幹ネットワークをIPv6で再構築した企業向けには、SaaS(Software as a Service)/ASPでのIPv4アプリケーション利用で需要が見込めるとしている。


関連ホワイトペーパー

IPv6 | WAN高速化 | IPTV | SaaS


ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...