ブルーコート、支店からの“トラフィック逆流”を防ぐセキュリティ装置NEWS

WAN回線上で支店からセンター側へトラフィックが逆流するバックホールを抑制するプロキシアプライアンスが発売。マルウェア対策機能も利用することができる。

2009年03月19日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 ブルーコートシステムズは3月18日、拠点向けプロキシアプライアンス「Blue Coat ProxyAV 210」(以下、ProxyAV 210)を発表した。同日各販売代理店経由で販売開始する。価格は44万円(税別)から。

画像 ProxyAV 210

 ProxyAV 210は、ウイルス対策機能を搭載した小規模拠点用途のプロキシアプライアンス。本社(センター)−支店間をWAN回線で結んだ場合、支店側から本社側のインターネットゲートウェイへとトラフィックが逆流する「バックホールトラフィック」における輻輳(ふくそう)を、センター側に設置した同社のプロキシ/WAN高速化アプライアンス「ProxySG」と協調動作させることで軽減することができる。拠点のユーザーが動画やRIA(リッチインターネットアプリケーション)といったWANの限られた帯域を消費するアプリケーションを利用することにより発生するトラフィックの逆送から、業務アプリケーションのWAN越しのレスポンスが影響を受けるのを防ぐ効果がある。

 また、支店側のゲートウェイセキュリティ対策として、Kaspersky Labs、McAfee、Panda Security、Sophosなどのアンチウイルスエンジンを利用でき、不正サイトからのマルウェアダウンロードやWebメール経由でのウイルス感染をブロックする。

 ProxyAV 210では1台で100ユーザーまでの接続をサポートする。なお本体価格にはウイルス対策用ライセンスは含まれない。


ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「広告のムダ打ち」はなぜなくならない? アドフラウド以外に考慮すべき3つの視点
「アドフラウド」以外に、広告が届けたい相手にきちんと届くようにするために留意すべき...

news014.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年5月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news129.jpg

SNSアカウントのビジネス貢献を明らかにするための調査サービス テテマーチが提供
フォロワーの属性や状態を明確に把握し、彼らの態度や行動を変容させるためにSNSがどう寄...