ブルーコート、独自アプリも可視化するPacketShaperの新バージョンNEWS

ブルーコートは帯域管理装置「PacketShaper」をバージョンアップし、カスタムアプリケーションの帯域制御を可能にした。

2009年02月26日 09時00分 公開
[堀見誠司,TechTargetジャパン]

 WAN高速化ベンダーのブルーコートシステムズは2月25日、帯域管理装置「PacketShaper」などを機能強化すると発表した。汎用的なアプリケーションのトラフィックだけではなくカスタムアプリケーションにも対応し、通信の可視化を推し進めた。

 今回強化されるのは、PacketShaperの新版、バージョン8.4で実装されるアプリケーション認識機能および集中管理コンソールツール「IntelligenceCenter」(バージョン2.1)におけるアプリケーションのパフォーマンス管理機能。

画像 「IntelligenceCenter」のアプリケーションパフォーマンス監視画面。どのアプリケーションが同時に通信をしているかが分かる《クリックで拡大》

 前者は、Microsoft Exchange Serverなどの代表的なアプリケーション、HTTPのトラフィックだけでなく、自社開発のアプリケーションのトラフィックも識別できるようにした。ユーザーが定義したペイロード(パケットのデータ部分)長を基にパケットをチェックすることで実現するという。「(競合)他社製品はポート番号を見てアプリケーションを識別するが、われわれのソリューションはパケットの中身を見て帯域を制御できる」(米Blue Coat Systemsの技術・企業戦略担当副社長のデイブ・アスプレイ氏)

画像 「帯域を広げるだけではアプリケーションは高速化しない」とアスプレイ氏。その原因となるTCPレイテンシ(遅延)の問題を根本から解決するにはトラフィックの可視化が欠かせないという

 後者については、PacketShaperやWAN高速化装置「ProxySG」から監視データを収集する統合管理ツールに、ユーザーごとに利用アプリケーションのパフォーマンスをリアルタイムに表示するダッシュボード機能を追加した。ユーザーがどのアプリケーションで通信を行い、どの程度の帯域を消費しているかが一目で把握できるようになっており、例えば応答時間が基準よりも遅くなっている状態であれば、管理者が帯域の設定やWAN高速化処理の優先順位を変更するといったパフォーマンス改善が可能になる。

 2製品を機能強化するバージョンアップおよび新版の販売開始は3月1日から。保守サービス契約期間中のユーザーは無償でアップグレードできる。


関連ホワイトペーパー

WAN高速化 | Exchange


ITmedia マーケティング新着記事

news214.png

月額2000円から使える次世代DOOH配信システム フリークアウトグループ会社が提供開始
Ultra FreakOutは、デジタルサイネージ配信システム「Maroon」の正式版の提供を開始した。

news066.jpg

AIが検出したZ世代のコミュニケーション特性――コグニティ調査
商談や打ち合わせといったビジネスコミュニケーションにおいて、Z世代は他の世代と比較し...

news155.png

インバウンド事業者向けに動画で多言語コンテンツ ベーシックが制作支援サービスを提供開始
ベーシックとこんにちハローは、インバウンド需要向けのコンテンツ制作支援を目的とした...