2010年03月03日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS日本プルーフポイント、自社運用と同等のメールセキュリティを確保するSaaS型サービス

スパム/ウイルス/マルウェア対策などを備えた「Protection Suite」と、コンプライアンス対策、暗号化および誤送信対策を備えた「Privacy Suite」の2メニューを用意。4月より販売開始される。

[TechTargetジャパン]

 日本プルーフポイントは3月2日、SaaS(Software as a Service)型で提供する電子メールセキュリティサービス「Proofpoint ENTERPRISE」を4月より販売開始すると発表した。

 同サービスは、企業内のメールサーバへのトラフィックをいったん同社のデータセンターで中継し、その際にスパム判定やウイルスチェック、暗号化、情報漏えいの防止をするというもの。顧客は社内に新たな設備を導入することなく、すぐに運用開始できる。

 SaaS型で提供することから、社員数やメールトラフィックの増加に合わせた設備増強などの要望にも柔軟に対応する。初期コストも必要なく、運用コストの削減と効率化に貢献するとしている。ソフトウェアのアップデートやセキュリティパッチ更新は同社のセキュリティ専門家が優先度に応じて作業するため、変更後は即座に顧客側の環境に反映されるという。

 サービスメニューは、外部から内部への脅威に対抗するスパム対策、ウイルス対策、ゼロアワーウイルス対策、PDR(プライベートデータラック)レピュテーションおよびログ解析の機能を備えた「Protection Suite」と、内部からの情報漏えいを防止するコンプライアンス対策、暗号化および誤送信対策を備えた「Privacy Suite」の2つが用意されている。

 価格は、Protection Suiteが1ユーザー当たり年間2670円から。Privacy Suiteが1ユーザー当たり年間3990円から(いずれも税込みで、2001〜5000ユーザーの場合)。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...