2010年03月10日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS日本HP、データセンター環境をリアルタイムで可視化する無線センサーソリューション

日本HPは、データセンターの空調管理ソリューション「HP Data Center Environmental Edge」を発売した。エネルギー使用状況などをワイヤレスセンサーで検知し、リアルタイムで監視・リポートする。

[荒井亜子,TechTargetジャパン]

 日本HP(ヒューレット・パッカード)は3月8日、データセンターの空調管理ソリューション「HP Data Center Environmental Edge」を発売した。データセンター事業者、自社でサーバルームを保持する大手企業が対象である。

画像 HP Data Center Environmental Edge

 HPが掲げるデータセンター管理の戦略「HP Data Center Smart Grid」では、電源能力を有効利用するためにサーバ電力の可視化、消費電力の動的制御や上限設定などを行う「システムレベルの最適化」と、最適なレイアウト設計をするためにデータセンター内の環境を可視化する「ファシリティレベルの最適化」がある。HP Data Center Environmental Edgeは後者のファシリティレベルを最適化するソリューション。

 HP インダストリー・スタンダード・サーバー事業統括 製品マーケティグ本部 製品企画部の中井大士氏は「国内・海外含め多くのデータセンター事業者がクラウドサービスに参入し、今やITの主役はデータセンターとなった。その結果、データセンターの競争は激化傾向にある。競争で勝つためには、さらなる効率化を追求しコストを抑制することが不可欠」と述べ、特にコスト削減において「ファシリティ負担は最重要課題」と強調した。

 HP Data Center Environmental Edgeの特徴は、取り外し可能なワイヤレスセンサーをラックなどに設置して情報収集を行うことでデータセンターのレイアウト変更に柔軟に対応できる点と、Webインタフェースの管理ソフトウェア「HP Insight Control Observer ソフトウェア」でエネルギー使用状況をリアルタイムに確認できる点だ。エネルギー使用状況はリプレイ機能で過去との比較も可能。

画像 Webブラウザで見たHP Insight Control Observer ソフトウェア。データセンターの温度や湿度が色で分かる

 構成要素は、ラックの温度/湿度を検知するワイヤレスセンサー「ラックセンサーアレイ」、CRAC/CRAHユニット(空調機周辺)の温度/湿度を検知するワイヤレスセンサー「プレナム定格アレイ」、これらワイヤレスセンサーに物理接続し情報を収集するワイヤレス通信機「ベースステーション」、床下の気圧差を評価する「気圧ベースステーション」、データセンターの基本環境情報すべてを集約する「ベースステーションゲートウェイ」「DC Environmental Edge サーバー」だ。DC Environmental Edge サーバーはHP Insight Control Observerソフトウェアを動かすためのハードウェアである。

画像 HP Data Center Environmental Edge 基本ソリューション

 HPはHP Data Center Environmental Edgeの導入効果について、ある製造企業(データセンターの広さ2300平方メートル)の例では、年間のCO2削減量が2032トン(5433万円)、収容面積向上率が33%と報告している。

 参考価格は、200平方メートル区画、ラック60本、空調機3台の環境構成で345万9750円(税込み)から。なお、HP Data Center Environmental Edgeの導入コンサルタントサービスも用意されている。同サービスの参考価格は同上の環境構成で157万5000円(税込み)から。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...