ポリコム、パケットロス時の映像、音声修復が可能なフルHDビデオ会議システムを発表NEWS

ポリコムは、テレプレゼンスソリューションに、パケットロス時の映像、音声を修復できるフルHDビデオ会議システムを追加する。

2010年07月29日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 ポリコムジャパンは7月28日、テレプレゼンスソリューションに新製品「Polycom Open Telepresense Experience(OTX) 300」(以下、Polycom OTX 300)を追加すると発表した。パケットロス時の映像、音声を修復し、一貫したビデオ会議品質を実現することが特徴。2010年第4四半期に出荷開始予定。

画像 Polycom OTX 300の利用シーン。国際標準規格に準拠し、他社製ビデオ会議システムにも接続可能

 Polycom OTX 300は、1080pのフルHDに対応し、机から自動的に出てくるモニターに表示されるHDコンテンツ共有など、臨場感のあるビデオ会議を実現する。音声面では、広域帯ステレオ音声により自然な会話が可能。また、IPネットワーク上でパケットロスが発生しても映像や音声の品質を修復する「Lost Packet Recovery」技術によって、会議中の映像・音声レベルを保てる。使用帯域については、新しい映像圧縮符号化方式の国際標準規格であるH.264 ハイプロファイルに対応することで、同等のソリューションに比べ最大50%の削減が可能。

 ビデオ会議をしていないときでも、同じ会議室内の参加者と机上のモニターを使用し、PC上の資料を共有できるため、作業効率や部屋の利用率を高められる。また、アップグレードや移設も可能で、オフィス環境の変化にも対応する。

 さらに、主要なユニファイドコミュニケーション(UC)とネットワークプラットフォームとの統合に対応。例えば、Microsoft Office Outlookを通じて会議予約・参加が行える「Polycom Conferencing for Outlook」をサポートする。Microsoft Office Communications Server、Microsoft Exchange Serverなど、マイクロソフトのUC環境にも統合できるという。

  Polycom OTX 300の提供はポリコムの認定代理店を通じて行われる。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...