2011年05月20日 09時00分 公開
特集/連載

災害復旧におけるホット、ウォーム、コールドサイトの違い違いが分かりにくい復旧サイトのオプションを解説

災害復旧関連の用語として、ホットサイトやウォームサイト、コールドサイトといった言葉が用いられる。それらの中から、どうすれば自社に最適なオプションを選択できるのだろうか?

[Jacob Gsoedl,TechTarget]

 災害復旧(DR)関連の用語は分かりにくい。ホットサイトやウォームサイト、コールドサイトといった言葉は、DR用語としてしばしば用いられる。いずれも信頼できる災害復旧サイトの選択肢だ。では、あなたの会社ではどのオプションを選択すればいいのだろう? 以下に、災害復旧のホット、ウォーム、そしてコールドサイトの相違、それぞれの利点と欠点をまとめた。

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...