災害復旧におけるホット、ウォーム、コールドサイトの違い違いが分かりにくい復旧サイトのオプションを解説

災害復旧関連の用語として、ホットサイトやウォームサイト、コールドサイトといった言葉が用いられる。それらの中から、どうすれば自社に最適なオプションを選択できるのだろうか?

2011年05月20日 09時00分 公開
[Jacob Gsoedl,TechTarget]

 災害復旧(DR)関連の用語は分かりにくい。ホットサイトやウォームサイト、コールドサイトといった言葉は、DR用語としてしばしば用いられる。いずれも信頼できる災害復旧サイトの選択肢だ。では、あなたの会社ではどのオプションを選択すればいいのだろう? 以下に、災害復旧のホット、ウォーム、そしてコールドサイトの相違、それぞれの利点と欠点をまとめた。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...