Windows 8クライアント版に搭載されるHyper-Vの重要な新機能とは?Windows 8で機能拡張されるHyper-V【前編】

Hyper-Vは、Windows 8でクライアント版に搭載されるだけでなく、機能が大幅に拡張される。米Microsoftのブログ「Building Windows 8」に記載されたHyper-Vの重要な新機能を紹介する。

2011年10月28日 09時00分 公開
[Ed Tittel,TechTarget]

 米Microsoftによる「Building Windows 8」ブログの定期的な更新のおかげで、同社の次期クライアントおよびサーバOS(関連記事:Microsoft、コードネーム「Windows Server 8」の詳細を発表)に何を期待できるのかが次第に分かってきている。

 これまでのところ、同社のスティーブン・シノフスキー氏が2011年9月7日に投稿したマシュー・ジョン氏の執筆記事「Bringing Hyper-V to "Windows 8"」("Windows 8"へのHyper-V導入)ほど、刺激的で興味深い記事はないだろう。この記事には、Hyper-VWindows Server 2008で導入され、Windows Server 2008 R2で強化された)のアップデート版が、Windows 8のクライアント版とサーバ版の両方に搭載されると記されている(シノフスキー氏はWindows&Windows Live担当プレジデント、ジョン氏はHyper-Vチームのプログラム管理者)。

 本稿では、この新しいHyper-V(関連記事:拡張型仮想スイッチの改善に期待、Hyper-V 3.0の新機能)の機能や、クライアント版Windows 8へのHyper-V搭載が重要な理由および2012年に一般発売予定のWindows 8の導入展開にHyper-Vがどのような影響を与えるかを見ていこう。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...