2011年09月08日 10時19分 公開
特集/連載

Windows 8とKinectの統合がもたらす8つのシナリオKinect活用法をシミュレーション

Kinectに対応するとウワサされるWindows 8だが、一体何の役に立つのか? 企業のITに役立ちそうな用途を8つ考えてみた。

[Greg Shields,TechTarget]

 かつてないスピードで売れている家庭用電化製品端末としてギネス世界記録に認定されたMicrosoft Kinectについて、今さら詳しい紹介は必要ないだろう。カメラとモーションセンサーを内蔵したハードウェアに、非常にスマートなソフトウェアを搭載したこのテクノロジーの用途としてすぐに思い浮かぶのはゲームだ。しかし、IT管理やシステム管理での利用方法は不明なままだ。

 うわさによると、Kinectの業務利用が検討されているという(参考:ゲームコントローラー「Kinect」にビジネス用途の可能性はあるか?)。Windows 8のスクリーンショットには、“人物検知(Detect Human Presence)”の言及がある新しい「センサー」コントロールパネルが収められていた。映画「2001年宇宙の旅」に登場するHAL 9000は喜ぶだろう。

 KinectとWindows 8はIT管理にどのような変革をもたらすだろうか? ここでは、思い付くシナリオを8つ紹介したい。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...