2012年02月02日 09時00分 公開
特集/連載

今あえてオフコンを選ぶ理由が分かる3つのホワイトペーパーホワイトペーパーレビュー

レガシーシステムともいわれるオフコンを今選び、ERPを運用している企業は少なくない。各社はオフコンの何を評価したのか。事例を中心にオフコンの今を伝えるホワイトペーパーを紹介する。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 現在、ERPなどのアプリケーションが稼働するサーバは、WindowsLinuxが稼働するx86サーバとUNIXサーバが大半になった。いわゆるオープン系サーバだ。しかし、かつてはオフィスコンピュータ(以下、オフコン)を呼ばれる事務処理用のコンピュータが広く使われていた。現在、オープン系サーバで稼働するアプリケーションでも、その前身はオフコン用アプリケーションだったという製品は多い。そして現在でもオフコンを選び、ERPを運用している企業は少なくない。企業はオフコンの何を評価しているのか。関連するホワイトペーパーを紹介する。

信頼性と運用管理性の高さからオフコンを選択

中堅企業の販売管理業務を効率化し経営を支えるERPとは!?

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...