今あえてオフコンを選ぶ理由が分かる3つのホワイトペーパーホワイトペーパーレビュー

レガシーシステムともいわれるオフコンを今選び、ERPを運用している企業は少なくない。各社はオフコンの何を評価したのか。事例を中心にオフコンの今を伝えるホワイトペーパーを紹介する。

2012年02月02日 09時00分 公開
[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 現在、ERPなどのアプリケーションが稼働するサーバは、WindowsLinuxが稼働するx86サーバとUNIXサーバが大半になった。いわゆるオープン系サーバだ。しかし、かつてはオフィスコンピュータ(以下、オフコン)を呼ばれる事務処理用のコンピュータが広く使われていた。現在、オープン系サーバで稼働するアプリケーションでも、その前身はオフコン用アプリケーションだったという製品は多い。そして現在でもオフコンを選び、ERPを運用している企業は少なくない。企業はオフコンの何を評価しているのか。関連するホワイトペーパーを紹介する。

信頼性と運用管理性の高さからオフコンを選択

中堅企業の販売管理業務を効率化し経営を支えるERPとは!?

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。