2012年02月02日 09時00分 公開
特集/連載

今あえてオフコンを選ぶ理由が分かる3つのホワイトペーパーホワイトペーパーレビュー

レガシーシステムともいわれるオフコンを今選び、ERPを運用している企業は少なくない。各社はオフコンの何を評価したのか。事例を中心にオフコンの今を伝えるホワイトペーパーを紹介する。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 現在、ERPなどのアプリケーションが稼働するサーバは、WindowsLinuxが稼働するx86サーバとUNIXサーバが大半になった。いわゆるオープン系サーバだ。しかし、かつてはオフィスコンピュータ(以下、オフコン)を呼ばれる事務処理用のコンピュータが広く使われていた。現在、オープン系サーバで稼働するアプリケーションでも、その前身はオフコン用アプリケーションだったという製品は多い。そして現在でもオフコンを選び、ERPを運用している企業は少なくない。企業はオフコンの何を評価しているのか。関連するホワイトペーパーを紹介する。

信頼性と運用管理性の高さからオフコンを選択

中堅企業の販売管理業務を効率化し経営を支えるERPとは!?

ITmedia マーケティング新着記事

news140.jpg

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...