2012年04月10日 09時00分 公開
特集/連載

サポート切れ業務アプリ、「取りあえず使用」の問題はERP利用でIT統制上のリスクも

「取りあえず」という意識で使い続けてしまうこともあるサポート切れのソフトウェア。しかし、セキュリティや業務効率の低下のリスクがある。加えて考えたいのはIT統制に対する問題だ。

[中原國尋,レキシコム]

いつか来るサポート期間の終了

 業務システムの構築にパッケージ製品を用いている企業は多いが、パッケージ製品はリリースから時を経るにつれて、プログラムがバージョンアップし、古いバージョンの製品については順次サポート期間が終了していく。

 販売系のソフトウェアや会計系のソフトウェアなど主要な業務に使用するERPについては、ユーザー企業がサポート切れ前に延長の対応を行い、継続してソフトウェアベンダーのサポートが受けられるようにすることが多い。だが、情報系のシステムや、会計ソフトの中でも連結ソリューションなど完結したシステムにおいては、サポートが切れたままの状態で使用し続けている企業がまれにある。

 サポート期間が切れているソフトウェアの使用には、さまざまなリスクがある。これはパッケージソフトウェアのみの問題ではなく、ソフトウェアを自社開発している場合でも同様だ。万一、サポート期間が切れているソフトウェアを使用する場合には、内在するリスクを判断した上で使用することが必要となるだろう。

サポートが切れる可能性があるソフトウェアは何か?

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...