2012年04月10日 09時00分 公開
特集/連載

サポート切れ業務アプリ、「取りあえず使用」の問題はERP利用でIT統制上のリスクも

「取りあえず」という意識で使い続けてしまうこともあるサポート切れのソフトウェア。しかし、セキュリティや業務効率の低下のリスクがある。加えて考えたいのはIT統制に対する問題だ。

[中原國尋,レキシコム]

いつか来るサポート期間の終了

 業務システムの構築にパッケージ製品を用いている企業は多いが、パッケージ製品はリリースから時を経るにつれて、プログラムがバージョンアップし、古いバージョンの製品については順次サポート期間が終了していく。

 販売系のソフトウェアや会計系のソフトウェアなど主要な業務に使用するERPについては、ユーザー企業がサポート切れ前に延長の対応を行い、継続してソフトウェアベンダーのサポートが受けられるようにすることが多い。だが、情報系のシステムや、会計ソフトの中でも連結ソリューションなど完結したシステムにおいては、サポートが切れたままの状態で使用し続けている企業がまれにある。

 サポート期間が切れているソフトウェアの使用には、さまざまなリスクがある。これはパッケージソフトウェアのみの問題ではなく、ソフトウェアを自社開発している場合でも同様だ。万一、サポート期間が切れているソフトウェアを使用する場合には、内在するリスクを判断した上で使用することが必要となるだろう。

サポートが切れる可能性があるソフトウェアは何か?

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

B2BサービスサイトにおけるCVの58%はトップページからの直行――WACUL調査
CV(コンバージョン)を目的としたWebサイトの改善に必要な施策とは何か。4つのデータに...

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...