2012年05月22日 20時08分 公開
ニュース

MA-EYES SaaS版が価格を改定、スマートフォンにも対応NEWS

プロジェクト管理機能に強みを持つERP「MA-EYES SaaS版」の価格が改定された。1ユーザー当たり月額5000円でプロジェクト管理モジュールを利用できる。

[TechTargetジャパン]

 ビーブレイクシステムズは同社の統合ERP「MA-EYES SaaS版」の価格体系を改定したと5月17日に発表した。スマートフォンからの利用にも対応した。

 MA-EYESはオンプレミス版もあるが、SaaS版では従業員が30〜500人程度の小規模から中堅規模の企業での利用を想定している。プロジェクト管理に強みを持つERPで、楽天やインターネットイニシアティブ、ドワンゴなどが採用している。

 改定された価格体系では、「プロジェクト管理」モジュールが1ユーザー当たり月額5000円。「経理」が6000円、「人事管理」が2000円などとなっている。他にユーザー数にかかわらず、基本月額料1万円が必要。初期導入費用は個別見積もりとなっている。

 同社はまた、MA-EYESのオンプレミス版、SaaS版に「グループウェア」モジュールと、スマートフォンアクセス機能を追加した。スマートフォンアクセス機能はiPhone、Androidに対応。スマートフォンから経費精算モジュールなどを利用できる。

画像 MA-EYESのスマートフォンアクセス機能

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まってい...

news103.jpg

なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本...

news172.jpg

マクドナルドが有名ゲーム配信集団とタッグを組む理由
米McDonald'sとFaZe Clanがライブストリーミングイベント「Friendsgaming」を実施。有名...