2013年03月11日 17時00分 UPDATE
ニュース

NEWS2D/3D画像を同時に表示可能な読影医向け統合ビュワー、GEヘルスケア

複数の専門ビュワーの統合や2D画像と3D画像の同時表示などによって、読影医の読影効率の向上や臨床医との情報連携強化を支援する。

[TechTargetジャパン]

 GEヘルスケア・ジャパンは3月8日、放射線科の読影医向けビュワー「Centricity Universal Viewer」を販売開始した。地域医療連携を見据えた同社の「医療ITイノベーションプロジェクト」の第1弾製品(関連記事:超高齢化社会のヘルスケア分野に注力 GEヘルスケア・ジャパンの成長戦略)。

 Centricity Universal Viewerは、読影専用や配信用など特定機能に特化していた複数の専門ビュワーを統合。GEヘルスケア・ジャパンによると、全てのユーザーが同じインタフェースやツールを共有することで、読影医の読影効率の向上、臨床医との情報連携強化を支援するという。

 Centricity Universal Viewerでは、ユーザーが好む画像の配置を学習する「スマートリーディングプロトコル」機能、過去検査比較の呼び出しや比較検査を絞り込む「ナビゲータ」機能などを搭載。少ないマウス操作で過去検査との比較表示を直感的かつ効率的に行える。さらに、サムネイル上のバーチャルモニターを搭載しており、画像の並べ替えのためのマウスの移動距離やクリック回数を減らすことで、日々大量の読影を行う読影医の作業負担を軽減する。

photo 学習機能「スマートリーディングプロトコル」の例

 加えて、Centricity Universal Viewerは画像処理用ワークステーション「アドバンテージ・ワークステーション」上のアプリケーションを統合し、2D画像と3D画像を同時に表示する。抗がん剤治療の効果判定に用いる「OncoQuant」、形態画像と機能画像を重ね合わせて比較参照する「Integrated Registration」などのアプリケーションに対応。同社は今後、対象アプリケーションを順次増やしていく予定だ。

photo 2D画像と3D画像を同時に表示した例

ITmedia マーケティング新着記事

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...

news042.jpg

Tableauが考えるデータドリブン経営におけるコミュニティーの役割
データ活用を組織全体にスケールさせる上で欠かせないこととは何か。

news055.jpg

IoTはマーケティングをどう変えるのか
マーケ×IoTのこれからをウフル坂本尚也氏が語った。