2012年07月06日 09時00分 公開
特集/連載

遠隔医療プロジェクトを成功に導く5つのポイント技術の選択よりも計画の方が重要

診療所や病院、養護施設などの施設間でリアルタイムな画像配信を可能にする遠隔医療連携。パイロットプロジェクトを計画中の医療機関に対して、成功に欠かせない5つのポイントを紹介する。

[Don Fluckinger,TechTarget]

 米国遠隔医療学会(ATA:American Telemedicine Association)の年次学術大会「ATA 2012」では、専門家によるパネルディスカッションが行われ、遠隔医療プロジェクトを推進する技術やワークフローについて活発な意見交換がなされた。

 遠隔医療の実装を計画する際には、数年にわたるアップグレードに耐え得る機器を購入することが重要になるが、同様にそうした機器を使うユーザーを考慮することも必要だ。会場を埋め尽くした聴衆は、カナダのUniversity Health Network(UHN)で遠隔医療マネジャーを務める正看護師のブレンダン・パーディ氏の他、米MaineHealth VitalNetworkのオペレーションディレクターであるスーザン・ゴラン氏、IntelとGEの合弁事業である米Care Innovationsで臨床開発担当ディレクターを務める正看護師のジュリー・チェリー氏などによるプレゼンテーションに熱心に耳を傾けた。

 聴衆の多さや質問の量からして、従来型の多くの病院は目下、新たな遠隔医療プロジェクトの実行可能性について少なくとも検討を始めているようだ。その理由の1つには、遠隔医療を導入すれば、高精細動画のリアルタイム配信を介して養護施設や一次医療機関、病院などさまざまな場所とつながり、専門医や分科専門医がより多くの患者を診ることができるということがある。

 パネルディスカッションでは、遠隔医療のパイロットプロジェクトを計画中のCIOや臨床リーダーに対し、さまざまなアドバイスが示された。その一部を以下に紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...

news162.jpg

「中古品の購入・使用への抵抗感」が増加 コロナ禍の影響か――メルカリ調査
メルカリによる定点調査。利用者が増え続けるフリマアプリですが、コロナ禍の消費者心理...

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?(無料eBook)
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...