2013年06月07日 20時30分 公開
ニュース

徳洲会グループがビッグデータ活用へ――診療情報の統合基盤を構築NEWS

全66病院の経営データを一元管理、分析できる情報基盤を構築・運用。2013年3月に電子カルテデータのバックアップ環境を構築し、現在47病院が利用しているという。

[TechTargetジャパン]

 デルは6月7日、一般社団法人 徳洲会(以下、徳洲会)がデルのソリューションを採用し、電子カルテのデータをリアルタイムでバックアップする環境を2013年3月に構築したと発表した。また、徳洲会グループでは全66病院の経営データを一元管理、分析できる情報基盤を運用していることを明らかにした。

 全国で66病院を含む280以上の医療施設を運営する徳洲会グループは、救命救急医療、予防医療、慢性医療などの先進医療を展開している。また、2009年10月に徳洲会インフォメーションシステムを設立し、グループ施設の電子カルテや各種マスターコードなどの情報システムの統合事業や病院経営管理ツールの開発などを行っている。グループ内の66病院のうち47病院で電子カルテ/オーダリングシステムがソフトウェア・サービスのシステムに統一された。

 ソフトウェア・サービスの電子カルテは、Microsoft SQL Server、Windows Client製品をプラットフォームとしている。徳洲会グループは東日本大震災を教訓に、災害時に診療継続を担保する電子カルテデータの遠隔バックアップシステムの構築を検討。オープンな環境による病院データの活用を重視した結果、デルをパートナーとして選定したという。

 遠隔バックアップシステムには「Microsoft Windows Server 2012」を導入した「PowerEdge R720xd」と「PowerVaultシリーズ」を採用。また、Microsoft SQL Server 2012をレプリケーションすることで、病院ごとに電子カルテサーバのデータが徳洲会のセキュアなVPN回線を介してリアルタイムでバックアップする仕組みを構築している。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。