「応答しないモバイルアプリ」、4つの解決策イライラを減らす開発時の工夫を伝授

多くのアプリと同様、モバイルアプリもパフォーマンス問題と無縁ではない。不安定な回線接続のせいで、問題は一層複雑になっている。開発者はどう対処すべきなのか?

2013年06月24日 08時00分 公開
[Jennifer Lent,TechTarget]

 ソフトウェア開発チームは、パフォーマンス管理のプロセスには十分な注意を払わないことが多い。実のところ、パフォーマンス管理がプロセスに含まれるとは全く思っていないだろう。速く動作するように最初からアプリケーションのアーキテクチャを構築するのではなく、パフォーマンスの目標値を念頭に置きつつ、試行錯誤しながらコーディングとテストを繰り返し、本番稼働中にソフトウェアがトラブルを起こさないことを祈っている。

 そして避けられない事態、つまりパフォーマンス低下が起こったときには、システム運用管理者が駆け付け、ボトルネックを探して解消する。システム運用管理者は、さながら炎に立ち向かう消防士だ。火事を未然に防ぐ方策を取るわけではない。

 パフォーマンスの問題に発生してから対処するのは、あらゆるアプリについてごく普通に行われている手順だ。だがモバイル環境の場合、問題はさらに深刻になる。ユーザーは、実に多様な回線接続環境を常に移動している。モバイルアプリのパフォーマンスが予測通りにいかないことはあまりにもよくあることで、もはやそれが常態化している。

 それでも、この状況が好転する材料はあると筆者は考える。

ITmedia マーケティング新着記事

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...

news182.png

電通と電通デジタル、電通プロモーションプラス3社横断のCX専門チームが発足
dentsu Japanの3社は、分散しがちだったCXの施策、ノウハウ、データをつなげるストック型...