「Surface RT」がイメチェン模索 仕事で使えるタブレットへ値下げなど次々に新施策

アプリ不足や管理の難しさなどから、企業導入が進まない「Surface RT」。こうした中、米MicrosoftはSurface RTの企業導入を促進すべく動き出した。勝算はあるのか?

2013年08月09日 08時00分 公開
[Diana Hwang,TechTarget]

 米Microsoftのタブレット「Surface Pro」を企業のIT部門で使うことは納得できるが、低価格版である「Surface RT」も、業務利用を検討すべきデバイスと位置付けられようとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...