2013年08月09日 08時00分 公開
特集/連載

「Surface RT」がイメチェン模索 仕事で使えるタブレットへ値下げなど次々に新施策

アプリ不足や管理の難しさなどから、企業導入が進まない「Surface RT」。こうした中、米MicrosoftはSurface RTの企業導入を促進すべく動き出した。勝算はあるのか?

[Diana Hwang,TechTarget]

 米Microsoftのタブレット「Surface Pro」を企業のIT部門で使うことは納得できるが、低価格版である「Surface RT」も、業務利用を検討すべきデバイスと位置付けられようとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...