2013年10月01日 08時00分 UPDATE
特集/連載

不具合発生であらためて問われる米MS更新プログラムはすぐに適用すべきか、待つべきか

米Microsoftが8月にリリースした月例パッチの一部で不具合が発生した。今後の更新プログラムを即座に適用していいものか、同社のテストプロセスを不安視する声も出てきそうだ。

[Toni Boger, Jeremy Stanley,TechTarget]

 米Microsoftは、2013年8月にリリースした「月例パッチ(Patch Tuesday)」のうち、緊急を要する1件の更新プログラムを一時的に配信停止(8月27日には問題を修正し、配信を再開)した。公開前の社内環境上のテストが不十分だったという理由だ。同社では、毎月第2火曜日(米国時間)に同社製品のセキュリティ更新プログラムを月例パッチとして提供している。

 同社の説明によると、「Microsoft Exchange Server2013」に関するセキュリティ更新プログラム「MS13-061」の問題が発覚したのは、2013年8月のパッチプログラムを公開した日の夕刻だった。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...