“不採用でも優秀な人材”をキープできる「人材コミュニティー」の作り方LinkedInや人材派遣・転職サイトだけでは不十分

IT活用で応募者、採用担当者の負荷が減り、就職・転職の採用プロセスが効率化された。その一方で、ITが両者のコミュニケーションを妨げてしまうという弊害も出ている。

2014年01月30日 08時00分 公開
[Emma Snider,TechTarget]

 採用応募者の追跡システム(Applicant Tracking System、以下 ATS)は企業の採用部門の効率を大幅に改善しているが、その一方でATSには明らかな欠点もある。

 戦略的人材管理のシンクタンクである米Human Capital Instituteは2013年12月、サンフランシスコで「2013 Talent Acquisition Technology Forum(人材獲得テクノロジーフォーラム)」を開催した。カンファレンスの講演者らによれば、ATSは今や広く普及しているが、求職者と採用担当者の両方に「ブラックホール」を生み出しているケースが少なくないという。

 求職者はいったん応募書類を提出してしまえば、面接に進まない限り、会社から連絡をもらうことはほとんどない。また、募集したポジションには不採用であっても、応募者の中には優秀な人材が残っていることもあるだろう。しかしATSには、採用担当者がこうした応募者と引き続き連絡を取り合うための十分な機能が備わっていない。

 採用候補者の関係管理(Candidate Relationship Management)システムを導入した企業の講演者らによれば、同システムはATSに不足している機能を補うのに役立つという。セッションリーダーらは候補者関係管理システムのメリットに加え、注意すべき落とし穴や効果的に利用するコツなどについて率直に語った。

次点候補者をキープできる候補者関係管理システムとは?

ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...