2013年12月26日 08時00分 公開
特集/連載

女性とテクノロジー業界、雇用の大幅増が意味するのは?IT雇用市場に男女格差

新しい技術やITスキルに対する給与面の優遇によって、IT部門は人の入れ替わりが激しい。2013年はIT関連業務で女性の雇用が大幅に増えた。

[Michael Anderson,TechTarget]

 米アイオワ州アーバンデールを拠点とするテクノロジーとエンジニアリングのプロフェッショナルを対象としたキャリアサイト「Dice Holdings」が示した米労働統計局の2013年のデータによると、新しく創出されたテクノロジー関連業務の60%に女性が就いた。2012年の割合は全体の35%程度であったことを踏まえると、これは大きな変化だ。

 数値は確かに増加しているが、IT業界ウオッチャーは、IT業界で男女格差がなくなったとは見なしていない。

 IT業界に長年携わっているレイチェル・シャルマース氏は次のように話す。「2013年、技術職で女性の採用が増加したのは喜ばしいことだが、慎重に捉えている。変則的な結果が1年見られただけで、過去9年間のデータが示す傾向が覆されるわけではない。10年分のデータで証明されたら、私はこの傾向を喜んで受け入れるだろう」

 一方、Dice Holdingsは今後のIT分野への女性の進出に関してこのデータを楽観的に見ている。

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...