年収が高いIT幹部の特徴、年収が低いIT幹部の働き方米TechTarget IT給与満足度調査【番外編】

米TechTargetのSearchCIO.comおよびSearchCIO-Midmarketが実施した読者調査により、年収が高いIT幹部とそうでないIT幹部の特徴が見えてきた。彼らの“違い”はどこにあるのか?

2012年02月29日 09時00分 公開
[Linda TucciTechTarget]

 2011年、米国では所得格差の問題に全国民の注目が集まったが、格差は企業のIT幹部の給与にもみられたようだ。2011年の上級および中堅クラスのIT幹部の年収は全体では2010年と比べて2%減少しているが、大企業に限ると前年比で11%増加している。年収が高いIT幹部とそれほどではないIT幹部の間には、勤務先企業の規模の他にも、何か特徴的な違いがあるのだろうか?

 米TechTargetのCIO/IT Strategy Media GroupがIT幹部およびIT担当者の給与とキャリアについて最近実施した米TechTarget IT給与満足度調査の結果からは、年収が高いグループとその他のグループとの違いが読み取れる。単に他人よりも多く稼いでいるからだけではない違いだ。

 例えば、年収が高いIT幹部はそうではないIT幹部と比べて、上司やビジネス部門との間でより良好な関係を築いている他、経営幹部からのサポートも強力で、IT部門に対するビジネス部門からの評価も高い傾向にある。ただしビジネス部門から高く評価されているという認識があるにもかかわらず、そうした年収の高いIT幹部は年収の低いIT幹部と比べて、自分たちIT部門に対する評価が厳しい傾向にあるようだ。

 この分析は、あらゆる業種にわたる上級および中堅クラスのIT幹部875人から寄せられた回答に基づくものだ。回答者は年間給与総額が21万ドル以上の高所得グループ、9万〜21万ドルの中所得グループ、9万ドル未満の低所得グループに分類されている。この調査はTechTargetのSearchCIO.comおよびSearchCIO-Midmarket.comの読者を対象として2011年11月に実施されたもの。世界各国の32業種にわたる企業のIT幹部およびIT担当者1700人以上から回答が寄せられた。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...